前回の記事では、スイスのUFOコンタクティー、ビリー・マイヤーがコンタクトしている「プレジャリアン」と呼ばれる地球外生物の考える、“輪廻転生と前世記憶の概念”を紹介した。
我々は前世の記憶を、一貫したストーリー性のある過去の記憶として理解しているが、プレジャリアンは“それは人間の脳が勝手に作り出した幻想でしかなく、実際の前世の記憶は、多くの無秩序なイメージの断片でしかない”としていた。これはむしろ、唯心論の仏教心理学にはるかに近い見方であった。
ところでスピリチュアル系の文化では、「引き寄せの法則」などを通して、想念が現実を引き寄せ、未来を形成するということが当たり前にように考えられている。
これに関しても、プレジャリアンは“地球人の信じていることは真実ではない”とし、彼ら独自の概念を展開する。今回はそれを紹介しよう。

※プレジャリアンとは、この宇宙の裏側にある別の宇宙のエラ星からやってきた地球外生物であり、プレアデス星人のことではない。外見は人間とそっくりで、精神性もテクノロジーも高度に発達している。マイヤーが毎週のように交信しているのは、プレジャリアンの長老である「プター」である。

人間の想念が現実を作る

プレジャリアンとの膨大なコンタクト記録には、興味深い数多くのテーマがある。
その中でも一貫して主張されていることのひとつが、“今の現実は人間の想念が作り出したものであるので、想念によって現実は変更可能だ”というメッセージである。

ビリー・マイヤーには「FIGU」という世界的な支援組織があり、多くのコンタクト記録が刊行されている。そうしたものに、プレジャリアンの瞑想法を解説した『心』という本がある。
その中には、「想念の力 人間は自分が考える者になる」という章があり、人間の想念が現実を形成することが、以下のように明確に述べられている。

スタピ会員になって、全てのコンテンツを楽しみませんか?

スタピオンラインでは、「スタピ会員」(月/220円税込)を募集しています。会員になると、記事や動画を含む全てのコンテンツをお楽しみいただけます。
地上に生きるスターピープルに向けて発信する情報を、日々のマインドケア
にお役立てください

おすすめの記事