私は10年くらい前から、あらゆる分野の垣根を取り払い、政治や経済などのハードな分野を中心にしつつ、いわゆる怪しい領域からも情報を集め、今、激動する世界でどのような変化が起こっているのかを明らかにしようとしてきた。
そうした情報を、多くの著作や毎月行う講演会、有料メルマガや地上波のラジオ番組などで発信している。
今回から、日本では知られていない英語圏を中心とした情報を伝えていきたいと思う。

日本以外の国で際立つ、UFOや地球外生物の目新しい情報

日本では伝えられていない情報の分野として、ある意味、際立っているのは〝UFOと地球外生物に関する情報〟である。
確かに日本でも1980年代から90年代にかけて、1947年の米ロズウエル事件に始まり、数多くのUFOの目撃例やグレイタイプの地球外生物による拉致、家畜の体が血もなく切断されるキャトルミューティレーション、そして「ラー文書」に代表されるテレパシーによるコンタクト記録などが有名だ。
今の日本は、UFOや地球外生物の分野では、こうした過去の出来事の紹介に止まっているような印象を受ける。特に取り上げられるものとしては、UFOの目撃例が圧倒的に多い。

21世紀に入って続々と現れ始めた詳細な証言

しかし、アメリカを中心とした英語圏のメディアでは、80年代や90年代とはかなり異なった新しい状況が出現しつつある。それは、UFOの目撃例やテレパシーによるコンタクトなどという、80年代や90年代の現象ではない。
UFO現象や地球外生物とのコンタクトを主導している影の組織の存在とその活動内容を明かす「元メンバーたちの生々しい証言」である。そうした証言が、すでに1000人を越える人々から得られている。

影の組織で活動していた人々からの証言の収集に尽力した人物は、内科医でディスクロージャー・プロジェクトという運動団体を組織しているスティーブン・グリア博士や、テレビ界のアカデミー賞と呼ばれているエミー賞受賞の調査ジャーナリストであるリンダ・モートン・ハウ、また、アメリカのスピリチュアル界のリーダー的存在であるデイビッド・ウィルコックなど。
それらの証言は、実に生々しい。UFOの目撃やテレパシーによるコンタクトなどという、我々がよく知っているレベルのものではない。カナダの元国防相のポール・ヘリヤーの証言も、注目に値するが、こうした証言の具体的な内容については、この連載で順次紹介するつもりだ。

スタピ会員になって、全てのコンテンツを楽しみませんか?

スタピオンラインでは、「スタピ会員」(月/220円税込)を募集しています。会員になると、記事や動画を含む全てのコンテンツをお楽しみいただけます。
地上に生きるスターピープルに向けて発信する情報を、日々のマインドケア
にお役立てください

おすすめの記事