歯の持つ特殊なエネルギーを駆使し、その人を調和した状態へと導く「高次元の歯科治療・神合わせ運命治療」を確立し、大勢の人々の人生を拓いてきた、スピリチュアルデンティストの藤木嵩之さん。
歯に込められている“人の念”を診て、治療中には天の声に従って治療をするという藤木さんは、長年にわたる「舌ストレス」研究や独自の咬み合わせ治療が、いまやメディアでも取り上げられている評判の名医。
今回も「神合わせ運命治療」について、語っていただきました。

7番と8番の歯と咬み合わせ(神合わせ)に現れるスピリチュアルな意味

私は「口の中の歯と咬み合わせ」の治療を積み重ね、何年にもわたってその効果を臨床で検証してきました。その結果導き出した「それぞれの歯の意味」について、前回同様ご紹介していきましょう。

親知らずの一つ手前の歯「7番(親歯)」には「親との関係」が現れる

6番の一つ後ろの歯、7番は親知らずを除いて、一番最後の歯です。ここには両親との関係が現れますので、「親歯」と呼びます。
95%以上の人は、左側の7番に父親との関係が、右側の7番には母親との関係が現れます。

西洋医学においても、7番は6番に次いで重要な歯です。人は、まず6番を中心に噛み、6番が抜けてしまったら、その後ろの7番で噛むからです。
私たちの32本の歯の中で(親知らずを含む)、特定の4者との人間関係を意味する歯は、「自分」や「配偶者」との関係を表す「6番の上下の歯」と、「父親」「母親」との関係を表す「7番の上下の歯」の合計4本だけです。
この4者が、あなたの人生においていかに特別な存在か、ここからもわかりますね。

それ以外の人間関係は、1本1本に対して誰かとの関係性が現れるのではなく、多数の人との関係が、1本の歯に入り込みます。
なので、「神合わせ運命治療」は、自分・配偶者・父親・母親という4者との関係を改善する目的で行うことが多いのです。
もちろん、前述したように、人は「6番=自分」との関係が一番重要ですが、そこに強く影響を与えているのが「7番=親」との関係であることが、非常に多いのです。

スタピ会員になって、全てのコンテンツを楽しみませんか?

スタピオンラインでは、「スタピ会員」(月/220円税込)を募集しています。会員になると、記事や動画を含む全てのコンテンツをお楽しみいただけます。
地上に生きるスターピープルに向けて発信する情報を、日々のマインドケア
にお役立てください

おすすめの記事