シンクロ占星術 1月6日~1月20日の天秤座

16~120宇宙と天秤座のあなたのシンクロニシティ

天秤座 9月23日〜10月22日生まれ

家について家族と考える

太陽・水星・土星・冥王星の4つの天体が「居場所のハウス」に滞在中のこの時期。天秤座のあなたにとっては、家族や住んでいる家、地域のエネルギーの流れにフォーカスが当たるとき。
良くも悪くも、家族や家の良いところや、改善の余地が露わになります。何かしらのトラブルによって、困ったときに助けてくれる存在のありがたさを改めて感じたり、……ということもありそう。

物事のバランスや調和をもたらそうとするあまり、自分自身の満足を後回しにしがちなあなた。この時期は、あなたが無理や我慢をした結果、得られていた調和は崩れていくかも。
この時期に顕在化していく問題には、「あなたが自分自身を犠牲にして調和を取る必要はない」というメッセージが一貫して含まれています。何か意図せぬことが起こったら、あなた自身がより充足感を味わえる生き方にシフトするにはどうするのがいいか、という視点で、じっくり考えをめぐらせましょう。

1月17日から20日頃は、若干カオティックなムード。いろんなところからあなたの力を求められ、大事な物事たちとの間で板挟みになりそう。あなたの時間や生き方の選択権は、自分自身のものだということを忘れずに。選ぶことに罪悪感を抱く必要はないのです。

落し物、忘れ物をしがちな時期でもあるので、注意しましょう。外出先では、自分のいた場所を振り返って確認するのをお忘れなく。

エネルギーアップのポイントは、カフェでのティータイム。停滞感を感じたら、開放的な雰囲気のお店でお茶の時間を。エネルギーが刷新されます。

おすすめの新月のイメージング「天秤」

目の前に天秤があるのをイメージしてください。
天秤は美しい赤銅色をしています。
天秤の上には、いくつかの赤銅色をした分銅が乗っています。
しかし、重さのバランスが取れていないようで、ゆらゆらと左右に揺れています。
あなたは、天秤の釣り合いをとろうとして、分銅を一方の皿に足してみたり、
一方の皿からもう一方の皿へ乗せかえてみたりします。
でも、ゆらゆらした揺れは止まりません。
ふと、あなたは、どちらの皿からも分銅を取り除いてみました。
すると、天秤は左右の釣り合いがとれるようになりました。
あなたは分銅を手の平に載せ、それぞれ重みが違うにも関わらず、
どれもが等しい重みがあることを感じています。

←かとうふみえのシンクロ占星術 一覧にもどる

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。