• HOME
  • ブログ
  • 松久正
  • ドクタードルフィンの「あなたを突然変異させちゃいます!」【連載3】龍体日本のエネルギーがとうとう反転!

ドクタードルフィンの「あなたを突然変異させちゃいます!」【連載3】龍体日本のエネルギーがとうとう反転!

普段の活動の他、日本の要となる地に赴き、日本人の意識の覚醒のための〝霊性開き〟を行っているドクタードルフィンこと、松久正さん。
今年9月に初めて沖縄に訪れ、導かれるまま向かった先で、龍体日本と地球のエネルギーを反転させる出来事が起きたそうです。その他にも、各地で様々なエピソードが……。

人類が初めて降り立った地で反転の儀式

今年は、たくさんの講演会やセミナーを開催させていただいています。今年の9月は沖縄に呼んでいただきました。このドクタードルフィン、沖縄初上陸でございました。
講演会は120名もの方にお越しいただき、無事に終えて、懇親会の席で皆さんとのお話しに移りました。
この連載の1回目でお伝えした龍依(Roy)さんが「古宇利島で霊性の松果体を開いた」というお話を皆さんにしたところ、「明日行きましょう!」となり、私も古宇利島へ行くことになったのです。
今は、夫婦岩があるからか、カップルの聖地として観光地化されていますが、この島は「地球で人類が初めて降り立った地」とのこと。この言葉に興味がそそられました。

私の大元は、大宇宙大和神(おおとのちおおかみ)ですが、それが私のエネルギーを構成しています。それは、熊本の幣立神社にしか祀られていない神です。
その下には天御中主大神(あめのみなかぬしのおおかみ)が、さらには天照大神(あまてらすおおかみ)がいます。大宇宙大和神は、地球で初めて人間のエネルギー体として降り立った神です。それが、私のエネルギー。
つまり、古宇利島の「地球で人類が初めて降り立った」という点が、私と絡んでくるわけです。人間のエネルギー体として降り立ったというのと、人類が降り立った地というのは異なりますが、私のエネルギーは地球の時空間で、古宇利島に降り立ったのでしょう。ですから、「ここの封印を解くことが鍵を握る」と思ったのです。

島に着いてから、吸い込まれるように砂浜へと続く崖を降りて行きました。観光客もたくさんいました。賑わう場所とは離れたところに、すごく気になる場所があったのです。そこは岩で囲まれていて、そこだけ別空間になっていました。
「ここだ!人類が初めて降り立ったというのは」(この記事のトップ画像)。
そう直感で確信したので、そこでワークをしていたら、風が吹いてきました。みんなで「宇宙飛行体が出そうだね」なんて話をした、まさに2,3秒後、急に高次元の飛行体が飛んで来て、雲の中に入って行ったのです。
そして、雲の合間から見えた瞬間、飛行体が逆方向に向きを変えました! まさに、180度転換。これは、普通の飛行機にはできないことで、地球のエネルギーが反転したことを、彼らが見せつけてきたのです。

つまり、こういうことが起きたのです。日本列島は、地球のひな形です。それまでの日本列島という龍体は、頭が北海道、尾が沖縄・九州でしたが、春に龍依さんが行ってくれた霊性開きと、私が行った6月の壱岐での霊性開きで、完全に龍体が反転したのです。
日本という龍体が反転したということは、地球のエネルギーも反転したことを意味しました。そのことを知らせるために、高次元の存在たちが飛行体となって、見せてくれたのですね。

高次元存在はセットで応援するのが今の主流?

沖縄での講演会の夜、打ち上げで地元の居酒屋さんへ連れて行ってもらいました。お店の方に案内された席は、なんと七福神が描かれている壁の前。
写真を撮ると、フラッシュをたいてないのに、ピカッと光りました。これは、七福神の祝福の合図です。
さらにその夜、その居酒屋の正面に神輿が出ていたので見学していたら、御輿を担いでいた男性が、私のほうへ近づいてきました。「え、何か怒られるようなことをしちゃったのかな…」と一瞬ヒヤッとしたのですが、その男性が突然、私の肩に腕を回してきたのです。そこで、一緒の写真を撮らせてもらったら、彼の目が光っていました。この男性は、どうやら龍神だったよう。

次の日、古宇利島の帰りにレストランに入ったら、なんとそこにも七福神の絵と龍神の彫刻がありました。どうも今、七福神と龍神はコンビになって応援してくれているみたいですね。セットで現れてくれることが多いです。
このとき、レストランでみんなでふざけて何枚も写真を撮りあっていたら、そのうちの1枚だけ、明らかに人間ではない、宇宙人が写り込んでいました。その存在は、宇宙総司令官アシュタールだったのです。

後ろには誰もいなかったし、人の気配もなかったのに、突如写り込んだ黒髪長髪の正体は…。

その他にも、こんなことがありました。斎場御嶽に参拝に行き、写真を撮ると、私の左肩が光っていて、イザナミとイザナギが写り込んでいたのです。これらは、壱岐でスサノオ神を癒し、月読神を解放させ、天照大神を大覚醒させたことへの祝福のために現れてくれたようです。

御嶽にて。左肩が白く光っているのは、イザナミとイザナギが揃って祝福しているサイン。

 

10月には、台風上陸中の福岡にも訪れましたが、第一陣台風が「物性のお掃除」だったのに対し、第二陣台風は「霊性のお掃除」だったようですね。
このとき、幣立神社も訪れました。白い光の玉が、車にボンボン当たってきました。まさに祝福の嵐! 黄金の龍も現れてくれました。

幣立神社でお出迎えしてくれた、黄金の龍神(左)と、レインボーの光輪(右)。

また、鞍馬寺にも行きましたが、私の体から発光したのか、写真を撮るとピンクのシャツが白く光っていました。

鞍馬寺の隣にある鎮守社に参拝中。ピンクのシャツを着ていたのに…

頭を下げた瞬間、体が発光してシャツが白に。

 

今後のテーマは第2の松果体の封印を解くこと

6月の壱岐に始まり、九州・沖縄と日本の南がキーを握っていますが、同じように北海道も大事です。
実は昔、恐竜時代には、尾骨に脳があったのです。そこに“第2の松果体”がありました。このことは、まだ誰も明かしていない、ドクタードルフィンだけが明かす真実です。
この第2の松果体の封印を解くことが、これから重要になるので、12月には北海道へ向かいます。この第2の松果体に、宇宙の叡智を入れます。来年ツアーを予定していますので、ぜひ興味ある方はご参加ください。

連載第1回目から3回にわたり、地球と人類の霊性開きについてお伝えしてきました。霊性開きのために開くべき日本の「物性龍体」は、次の場所が当てはまります。

霊性開きのために開くべき日本の場所

第7・第6チャクラ
   松果体   長崎・壱岐(霊性龍体では、沖縄・古宇利島に当たる)
   視床下部  福岡
   下垂体   熊本・幣立神社
第5チャクラ   伊勢神宮
第4チャクラ   鎌倉
第3チャクラ   平泉
第2・第1チャクラ 北海道(屈斜路湖)

これが全部開くと、地球は完全に物性が終わり、霊性時代になります。つまり、日本ですべて完結できる。それだけ、今、日本は重要なのです。

(この記事を書いた人/澤田美希)

松久 正
まつひさただし/∞ ishi ドクタードルフィン。鎌倉ドクタードルフィン診療所院長。慶應義塾大学医学部卒、パーマーカイロプラクティック大学卒。既存医学に量子力学とスピリチュアルを融合した『超次元・超時空間松果体覚醒医学 ∞ IGAKU』を創造する。
著書に、『シリウス超医学』(ヒカルランド)、『ワクワクからぷあぷあへ』(ライトワーカー)、『水晶(珪素)化する地球人の秘密』(ヒカルランド)、『からまった心と体のほどきかた』(PHP研究所)、『あなたの宇宙人バイブレーションが覚醒します!』(徳間書店)、『これでいいのだ! ヘンタイでいいのだ!』(VOICE)、『「首の後ろを押す」と病気が勝手に治りだす』(マキノ出版)など多数。
https://drdolphin.jp

11月6日発売!
『シリウスがもう止まらない 今ここだけの無限大意識へ』
松久正、Roy(龍依/曽根史代)著/ヒカルランド
シリウスが設定した同窓会の2人が明かす、光次元のニューミラクルインフォメーション満載。シリウスから龍神とホルス神(鳳凰)の超強力な導きで実現した、世紀の多次元パラレル会議を収めた一冊。この対談のために降りてきた多数のチャネリングメッセージ入りで、霊性時代の転換点になること間違いなし。

『松果体革命』
松久正著/ナチュラルスピリット

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。