シアトル発、エリコ・ロウのスピリチュアル備忘録「キラキラ輝く人になる」

こんにちは。シアトル在住のエネルギー・メディスンのヒーラー&トレーナーで、『キラキラ輝く人になる』(ナチュラルスピリット)の著者エリコ・ロウです。
キラキラ輝く人になるためのヒントとして、シアトル暮らしのなかで気づいたことや、アメリカで話題になっている新情報をお伝えしていきます。

スーパームーンのパワーを気功で吸収

北米では1月20日の皆既月食が、数年に一度の天体ショーとして大きな話題になりました。
米国では「スーパー・ブラッド・ウルフ・ムーン」。皆既月食中の月が、暗くブラッド(血)のように赤くなるから、ブラッド。ウルフ・ムーンと呼ばれるのは、ネイティブ・アメリカンの人々が1月の満月をウルフ(狼)ムーンと呼ぶからとニュースでは報道されていました。
しかし、実は間違いのようで、ネイティブ・アメリカンの暦では「狼の月」は2月19日〜3月2日で、1月20日〜2月18日は「オッター(かわうそ)」の月。旧暦と新暦が混同され、通説となってしまったのかもしれません。

ともあれ、1月20日はしっかり月光浴。庭に出てフルムーンの光を全身に浴びながら、「イーレン気功」のエクササイズを楽しむことにしました。
私の家は住宅街にあるのですが、昨年になって、向かいの家々がマンションにとって代わられ、1階がサンライト・カフェというベジタリアン・カフェになっています。この日、外に出ると大きな杉の木のはるか上空に、皆既月食後に眩しく輝き出した“まんまるのお月さま”が見えました。
が、通りをはさんで、カフェの入り口の“太陽のネオンライト”も燦々と輝いていました。興ざめといってしまえばそれまでですが、すべての偶然は必然。「陰陽のバランスを忘れず」という教えかもしれないと気づきました。

それで、ゆっくりと気功をしながら、天空からは月光のもつ陰のエネルギー、向かいの太陽(サンライト・カフェのライト)からは陽光のもつ陽のエネルギーをしっかりいただきました。

悟りが開けた光輝く存在として永遠の命を得る「イーレン気功」

さて、今年も一昨年、昨年に引き続き、「イーレン気功」のワークショップを提供させていただくことになりましたので、今回はイーレン気功についてご紹介しておきます。

気功というと高齢者の健康体操と思われがちですが、私が毎日実践し、会う人ごとにお勧めしているイーレン気功は、単なるエクセサイズなどではありません。
宇宙の摂理であるタオ(道)をきわめ、多次元存在の意識体へと自分を高めるための「仙人修行」なのです。映画「スターウォーズ」が描くジェダイの修行と同様、身体だけでなく精神も鍛錬し、超人的な能力とスピリチュアル・パワーを蓄えていくという、深遠でスケールも膨大なプラクティスです。
不思議大好き人間の私にとっては、あまりに面白すぎ、いちど始めたらやめられなくなりました!

イーレン気功での修行の過程は、このようになります。
●まずは天と地と自分を結び、自分の体内を流れ、感情や思考といった意識の媒体でもあるバイオ・エネルギーを体感する練習をします。
●次に、自分と他人と間で行われている気の交流が、どう感情や健康に影響しているかを学び、コントロールできるようになる。
●さらに、植物や動物といった地球の自然、太陽や月、北極星や星座など宇宙のエネルギーにアクセスできるようになる。人智を超えた次元にアクセスすることで、時空を超えて存在する神仏や様々な存在からも、癒しや智慧を得られるようになる。
●そして、究極的には自分自身も「悟りが開けた光輝く存在」として、永遠の生命を得る。

というものです。
実はこの究極の目的に向けた段階の修行は、悟りを開き、身体を「虹(光)のからだ」に昇華させるチベット密教の修行とも、かなりの共通性があります。

気功の「内丹術」を極めれば、不老不死のライトボディを出現させられる。

人体は自然界の縮図として、内丹術の過程を示した道教の「内経図」。

イーレン気功でかつてない驚異的な体験をする人が続出!

私は15年ほど前に代替医療の取材をしているときに、シアトルに凄い気功師がいると人に紹介され、ジャーナリストとしてイーレン気功の開発者のソン博士に会いに行ったことがきっかけで、イーレン気功をはじめました。取材の最中に驚異的な体験をしたのです。

気功自体はニューヨークに住んでいたときにも習っていたので、自分の手からエネルギーが出たり、それを癒しに使えることは知っていたのですが、イーレン気功のパワフルさはかつて経験したことがないものでした。
初めて初級クラスに参加して、両手の手のひらから出る気を感じる練習をしていただけで、両手の「気の出入り口」にやけどしたときのような水ぶくれができて、びっくり。それ以降、驚異的な体験や気づきの連続です。

私自身にとって恩恵が確かなだけでなく、周囲にも、医師に見放されたもののイーレン気功のおかげで難病から回復した人や、スピリチュアルなパワーが開花した人がたくさんいるので、日本の皆さまにもぜひ体験ていただきたい、とワークショップを始めた次第です。
イーレン気功は初歩のエクササイズだけでも優れた健康増進、心身の病気の自己治癒効果があり、米国では医療気功として認められ実践されています。
また、“エネルギーの護身”に重点を置くので、他人からの「気」の影響を受けやすいヒーラーさんやエンパスさんは必修。今回のナチュスピでのワークショップでは、亥年の開運に向けた「波動チューニング」もご紹介しますので、こうご期待!

 

エリコ・ロウ
ジャーナリスト、著作家、翻訳家。バイオ・エネルギー・トレーナー。長年にわたり取材と実践でチベット医学、道家気功、ネイティブ・アメリカン・メディスンなど世界の伝統療法やヒーリング、超能力開発法を学んできた。著書は『キラキラ輝く人になる』(ナチュラルスピリット)、『アメリカ・インディアンの書物よりも賢い言葉』(扶桑社文庫)、『死んだ後には続きがあるのかー臨死と意識の科学の最前線』(扶桑社)など。訳書には『ワン・スピリット・メディスン』(アルベルト・ヴィロルド著/ナチュラルスピリット)、『悟りはあなたの脳をどのように変えるのかー脳科学で悟りを解明する!』(アンドリュー・ニューバーグ、マーク・ウォルドマン著/ナチュラルスピリット 1月刊行予定)などがある。元コーネル大学、ワシントン大学非常勤講師。米国シアトル在住。
http://www.bioenergytraining.com


エリコ・ロウ イブニングセミナー(トーク&ワーク)

日程:2019年2月28日(木)、3月1日(金)
時間:19:00~21:00
会場:DAYS赤坂見附
東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル(赤坂見附駅徒歩10秒)
受講料:8,000円(税込)

エリコ・ロウ 1Day ワークショップ
日程:2019年3月2日(土)
時間:10:00~15:00
会場:DAYS赤坂見附
東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル(赤坂見附駅徒歩10秒)
受講料:24,000円(税込)

 

1月刊行
『悟りはあなたの脳をどのように変えるのか』
アンドリュー・ニューバーグ、マーク・ウォルドマン著/ナチュラルスピリット

『キラキラ輝く人になる』
エリコ・ロウ著/ナチュラルスピリット

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。