ドルフィニスト綾子さんがチャネリングした「イルカくん」に様々なテーマで質問をして、その答えをお伝えしていくという、このシリーズ。
前回同様、イルカくんは言葉に詰まることなく、すらすらスピーディーに答えてくれました。イルカくんの願いは、一人ひとりが本来の自分になって、喜びの中で生きてもらうこと。
合間に、ドルフィニスト篤さんからのコメントも加わった、愛いっぱいのメッセージをお届けしましょう。

悟りをテーマに発信しているドルフィニスト篤さんと、チャネラーのドルフィニスト綾子さん。

テーマ:制約の多い状況から抜け出して願いを叶えるには?

──イルカのように楽しく生きていきたいけど、それが許されないような制約の多い環境で生きている場合や困難な状況にいる場合、どうしたらいいのでしょう?
例えば、夫婦や親子間の家庭内暴力、モラハラ、イジメ、生活苦、闘病など、自由の利かない制約の多い状況下にいる人たちが、願いを叶えていけるようアドバイスしてください。

*ドルフィニスト篤さんのコメントは、青色の文字です。

そういう制限があればあるほど、
それを「イヤだ」って思うでしょう?
イヤだって思えばこそ、
「自由になりたい、楽になりたい、楽しく生きたい!」
って望むでしょう?

それが、願いを叶えるためのスタートだから、
「そのためにその苦労がある」って思ったらいいよ。

「その苦労がイヤだ」って思う。
「じゃあ、こうしたい」と望む。
そう望むところから、願いが叶う道が拓けるんだ。

「望んでも叶わない」とみんな思っているでしょう?
「許されない」「叶わない」って。
「社会や親が、そう言っている」って。
でも、周りが言ってるんじゃなくて、
「自分がそう言っている」ことに気づくこと。
実は、叶わないなんてことを、
自分以外は言ってないくらいなんだ。

だから、こんなふうにするといいよ。
「あ、それじゃあ、ダメ!って、
自分が言ってるだけだったんだ。
じゃあ、それをやることを自分に許してあげよう。
私は、これから楽しく生きよう。
自分のやりたいことを、やって生きよう。
それができるということを、自分に許してあげよう」。

そうやって、自分にダメ出ししていた事柄に
許可を出してあげるんだ。

すると、自分の心を止めなくなってくるよ。
自分の心が自分の現実を創っていくから、
「許可された現実」になっていく。
そのための変化が起きてくるよ。

でもそのうち、
「やっぱりできない」「ほら、ダメじゃん」
という思いにぶつかる。

それによってまた
「やっぱり、もっと自由になりたい」
という願いが出てくるよ。

その時に、もっと自由になることを
自分に許してあげればいい。

外側の何かとぶつかって、
「これじゃあ、ダメ」って思うときは、

「ここまではいいけど、ここから先はダメだ」
と自分に制限をかけている状態。

例えば、「5杯まではいいけど、6杯目はダメ」
というふうに
制限をかけているようなもの。
でも、次の1杯も飲んでいいよと自分に許せば、
6杯目の道が拓けるよね。

家庭での制約ってありますよね? 家族というしがらみがなければ、すごく自由かもしれないのに「そこに居ざるをえない」みたいな。

「そこに居ざるをえない」と思っているのは自分だよね。
「居なくてもいい」という選択もできるよ。

「家族が自分のやりたいことを邪魔している」
と思い込んで憎んだり、

「この家で3食のごはんを作らなきゃ」
と決めつけて、苦しんでいるのも自分。

家族を憎まず、愛する選択もできるのに。

「そうじゃなくてもいいかな」というふうに
考え方が緩んだ時に、状況も緩むんだよ。
すると、もっと考え方が緩んでくる。
もっともっと緩むと、その分、状況も緩んで
自分の心とぴったり合った状況が、常に現れてくるようになる。

現実が心の状態とまったく同じになっていくのは、
心が全ての物事を創り出すから。

だから、「状況を変えるより先に、
自分の心を緩ませてあげる」ことが大事。

そうすることで、現実が緩んでいくよ。

──心が先ということですね? 一般的に人は現実を見て、物事を判断しますが。

心が先。
自分の心の中にあるものが、
ただ現れてくるのが、この現実世界。

だから、まずは心の状態を整えた方がいいんだよ。

現実に合わせて、対処しながらやっていく部分は、もちろん誰でもありますよね。

それ、今までの地球のやり方。
現実だけを見ているやり方ね。

でも、僕たちは心がある霊的で無限の存在だから、
片方だけ見ていたらダメなんだ。
その霊的で無限の存在が創り出す現実だから、
先に「存在」ありき。

だから、先に自分の心を見つめて、心の状態を整えること。
自分を許してあげて、したいようにさせてあげること。
すると、願っていた現実が現れてくるよ。

 イルカくん語録 

「その苦労がイヤだ」って思う。
イヤだから、「じゃあ、こうしたい」と望む。
そう望むところから、道が拓けるんだ。
「望むようにできる」ということを、自分に許してあげよう。
そうやって、自分に許可を出してあげると
自分の心が現実を創っていくから、
「許可された現実」になっていく。
そのための変化が起きてくるよ。

(この記事を書いた人/Y-MAYUMI)

ドルフィニスト篤
ドルフィニストアカデミー主宰。京都大学理学部物理学科卒業。京都大学院理学研究科物理学専攻、修士課程修了。2001年より、イルカのスピリットをチャネリングする綾子夫人と共に、イルカのように生きる「ドルフィニスト」を提唱し、全国にて講演活動を行い、人々の目覚めやヒーリングに従事する。現在は悟りのコミュニティにおいて、鋭い論理と慧眼で悟りへと導いている。著書『悟りハンドブックー〈私〉を思い出すこと、それが悟りです!』(ナチュラルスピリット)。

 

ドルフィニスト綾子
イルカくん、いるかちゃんをはじめ、イルカのスピリットたちの生き方やメッセージをチャネリングし、伝えている。2000年にガイドのイルカのスピリットのチャネリングが始まると同時に、高次元の光の存在、アセンデッドマスター、土地の神々、自然のスピリット、宇宙存在、天使たちとのコンタクトが始まる。覚醒した意識と卓越した感性を活かし、夫の篤氏と共にドルフィニストアカデミーを主宰し、イルカのように生きる「ドルフィニスト」を提唱。個人セッションは15,000人の実績を持つ。カウンセリング、ヒーリング、セラピーを統合し、現在は悟りのコミュニティに尽力。

イルカくん
地球に愛を伝えに来たイルカのスピリットで、ドルフィニスト篤のガイド。愛と喜びにあふれ、ワンネスの意識を持つ。元気で情熱的で、人間味あふれる個性が人気。

 

いるかちゃん
イルカくんのパートナーで、ドルフィニスト綾子のガイド。慈愛と優しさに満ち、ワンネスの意識を持つ。大和撫子のように控えめでかわいらしい個性。

 

ドルフィニストアカデミー
http://www.dolphinist.jp/
http://iru-iru.jp/

『悟りハンドブック』
(ドルフィニスト篤著/ナチュラルスピリット刊)

おすすめの記事