ドクタードルフィンの「あなたを突然変異させちゃいます!」【連載2】人類の次元上昇の鍵を握る水晶とイルカたち

人類の覚醒と霊性の開花をテーマに多数の書籍を出版、ナチュラルスピリットで発売した『松果体革命』が大人気の、ドクタードルフィン 松久正さん。
前回は、長崎の壱岐島で、ドクタードルフィンがスサノオ神と月読神の封印を解き、人類と地球の〝霊性開き〟を行った様子をお届けしました。実は、霊性を開くうえで、ほかにも重要なことがあったのです。その一つが、“水晶の封印解放”でした。

御神体が水晶の神社で封印を解く

今年の4月。まだ桜が咲き誇っていた時期に、私は友人たち4名と、なんとなく「行かなきゃ!」と思い、山梨県にある金櫻神社へ出向きました。ここは、なんと御神体が水晶なのです。
もともと甲府のこの地域は、水晶がたくさん埋まっていたそうです。今は採取することはできませんが、水晶がエネルギーを放つ場所です。
神社に着くと、本宮から2kmくらい先にある山頂の祠(ほこら)の神札を、今取り替えたばかり、という奇跡的なお呼ばれのタイミングとなりました。
そこの祠では、神札を年に一度取り替えるそうです。実は、私たちが到着した3分前に、新しい木札に取り替えられたばかりだったのです。
本宮で参拝後、まさに神のエネルギーが鎮座するであろう御神木に囲まれた木陰の場所で、水晶の封印を解く高次元のお祈りワークをしました。
すると、私の手がピカッ!と光り、空間がボンボン!と瞬間的に切り替わったかのようになり、次元が変わったのです。つまり、その瞬間、「水晶の封印」が解けたわけです。
その様子を撮影したら、木々の間から覗く太陽の様子にも反映されていました(この記事のトップ画像)。

イルカたちの悲しみと怒りを解き放つ

もう一つ、重要な封印を解放しました。
壱岐を訪れた6月16日の朝、小島神社へとご挨拶に向かう前に、私たちはフェリーで辰ノ島へと向かいました。エメラルドグリーンの海と白い砂浜で有名な無人島です。
「あまり意味はなさそうだけど、キレイだから行ってみようかな」という軽い気持ちで、急遽行くことにしたのですが……。

到着後、歩いていると、急に胸がソワソワして、圧力がかかるのを感じました。「なんだろう、これは。今までにない強い圧迫感だ……」。そう思いながら歩いていると、目に飛び込んできたのは、大きな石の供養塔でした。それは、イルカの慰霊石だったのです。
今から20年ほど前。辰ノ島は、イルカたちにとってパラダイスでした。海はキレイだし、誰も攻めてこない。ごはんとなる魚もたくさんいる。でも、地元の漁師からすると、イルカが魚をすべて食べ尽くしてしまう。
漁師たちは一大発起して、イルカたちを殺してしまったのです。イルカの大虐殺が行われたその地には、悲しみと怒りのエネルギーが残ったままでした。そのエネルギーを解放する役割が私にはあり、ここに訪れることになったのです。

そんな大事なことに気づき、こんなことを考えました。
人類と地球の封印を解くには、まずはイルカの封印を解く必要があった。なぜかと言えば、人類よりイルカは高い叡智を持つから。
イルカは人類より周波数が高いけど、それは人類よりも愛と調和のエネルギーが高いということ。だから、イルカの封印がかかったままでは、人類の封印を解けなかったーー。

それまで私は、人類と地球のことばかり考えていました。エゴだったのですね。
あれだけ繊細なイルカたちが、悲しみと怒りを抱いてしまった。その封印を解くために、辰ノ島へ渡ることになったのです。
現地で、参加者50人と一斉にワークをすると、風が吹いてきて、辺りが明るくなりました。イルカの封印が解けたのを感じ、私たちはいよいよ人類の霊性を開くため、小島神社へと向かったのです。

イルカの慰霊碑の前で祈りを捧げる。

 

霊性開きを祝福してくれたイルカたちと高次元の存在

このイルカの話には、続きがあります。
壱岐の本島に戻ってから、バスに乗って「イルカパーク」に行きました。とはいえ、時間がなかったので、バスの中から楽しもうと思い、運が良ければイルカたちが顔を出すと言われるパーク(入り江)の前を通り過ぎるだけにしたのです。
行きはイルカたちの姿を見ることはできず、地元のバスガイドさんも「もし見ることができても、顔を出す程度で、飛んでいる姿はまず無理でしょう」と言っていました。

ところが、帰りにもう一度パークの前を通ると、「イルカが顔を出した!」と思った次の瞬間、5、6頭が爛漫に飛び出してきたのです!
これには、地元のガイドさんもびっくり。涙を流して感動する参加者もいました。まさに、イルカのお喜び、感謝を受け取ることができたのです。

封印が解かれて乱舞するイルカ。

春の水晶から始まり、イルカ、そしてスサノオ神と月読神の封印を解いて、霊性開きを遂行したことに思いを馳せていたとき、私たちの乗っていたバスだけが紫色の光で包まれているのを、はっきり見ました。
それはまさに、セント・ジャーメインのバイオレットエネルギーで、バスの窓ガラスも景色も、全部紫。こんなことは初めてで、驚きました。
それだけではなく、エンジェルや龍や鳳凰も、雲となってたくさん現れてくれました。そうやって、高次元の存在も霊性開きを祝福してくれたのです。

(この記事を書いた人/澤田美希)

松久 正
まつひさただし/∞ ishi ドクタードルフィン。鎌倉ドクタードルフィン診療所院長。慶應義塾大学医学部卒、パーマーカイロプラクティック大学卒。既存医学に量子力学とスピリチュアルを融合した『超次元・超時空間松果体覚醒医学 ∞ IGAKU』を創造する。
著書に、『シリウス超医学』(ヒカルランド)、『ワクワクからぷあぷあへ』(ライトワーカー)、『水晶(珪素)化する地球人の秘密』(ヒカルランド)、『からまった心と体のほどきかた』(PHP研究所)、『あなたの宇宙人バイブレーションが覚醒します!』(徳間書店)、『これでいいのだ! ヘンタイでいいのだ!』(VOICE)、『「首の後ろを押す」と病気が勝手に治りだす』(マキノ出版)など多数。
https://drdolphin.jp

11月6日発売!
『シリウスがもう止まらない 今ここだけの無限大意識へ』
松久正、Roy(龍依/曽根史代)著/ヒカルランド
シリウスが設定した同窓会の2人が明かす、光次元のニューミラクルインフォメーション満載。シリウスから龍神とホルス神(鳳凰)の超強力な導きで実現した、世紀の多次元パラレル会議を収めた一冊。この対談のために降りてきた多数のチャネリングメッセージ入りで、霊性時代の転換点になること間違いなし。

『松果体革命』
松久正著/ナチュラルスピリット

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。