ドクタードルフィンの「あなたを突然変異させちゃいます!」【連載1】ついに決行! 地球と人類の霊性開き

人類の覚醒と霊性の開花をテーマに多数の書籍を出版、ナチュラルスピリットで発売した『松果体革命』が大人気の、ドクタードルフィンこと、松久正さん。常にエネルギッシュに活動を展開している松久さんは、どこにいてもスピリチュアルなセンサーで見えざる様々な情報をキャッチされています。
今回から、連載で発信していただきましょう。

高次元の計らいのもと、壱岐の島に呼ばれて

今年の6月18日に、渾身の作『松果体革命』が出版されました。この本は、私が本当に出したいと願っていた一冊。私の情熱だけでなく、関わってくれた人たちの愛や情熱が乗っているので、世に羽ばたいても、読者の方たちの人生を変えるパワーがあると思います。
実は、この本が出版される時期に、私は長崎にある壱岐の島に行きました。小島神社に一時奉納して、出版前の書籍にエネルギーを乗せさせていただいたのです。そのおかげもあり、Amazon総合3位という名誉をいただき、今でもたくさんの方に読んでいただいています。
この本を愛してくださる皆さんへ、大きな感謝の気持ちを抱いています。

書籍の発売直前の6月16日。私は50名のツアー参加者と一緒に、壱岐に降り立ちました。
壱岐という場所は、地球で唯一、天と地と人がつながる、“天地人”のエネルギーグリッドを持った場所。地球広しといえど、どうして日本の、しかも、あの小さな島なのか? それを物語るように、日本は世界の雛形であり、「日本から世界が変わる」と言われています。
壱岐には、神社の祠(ほこら)が約2000あるとのこと。そんなにも神社の密度が高い地は、他にはあり得ません。
なぜなのでしょう? 昔の人はエネルギーを敏感に感じていたからか、または高次元の存在との交流があって、神社を作ったのではないか……、などと思い巡らせたりしました。

そんな特別なエネルギーを宿す壱岐に、私は6月16日に呼ばれました。初めは「618」という数字に重要な意味があるのではと直感では思っていましたが、高次元のエネルギーを降ろす人からの情報で、『ヘブライの書』に「616」という数字があって、そこから意識改革が行われる、と聞いたのです。
その6月16日こそ、まさに私たちが壱岐に行って、霊性を開くという設定をしていた日でした。「これは偶然ではなく、高次元の計らいのもとに設定されたのだ」と理解しました。

地球の大きな転換点になった、封印された月読神の解放

壱岐にある小島神社(この記事のトップ画像)は、潮が引いたときにだけ参道が現れ、渡ることができます。
16日の午前中、まだ潮が満ちている時間帯に、私たちは小島神社へ向かい、岸から島を見て、ツアー参加者の皆さんにお贈りした「ロシアンレムリアン水晶」を差し出して、神社にご挨拶しました。ここには、スサノオ神が封印されているのです。

ご挨拶の後、私たち一行は月読神社へ向かいました。ここが、鍵となる場所でした。
日本各地に月読神社は点在しますが、壱岐の月読神社こそ、月読神が誕生した地。つまり、今回の壱岐への旅の目的は、〝封印された月読神を解放して、世に出すこと〟だったのです。その目的実行のためには、傷ついて、閉じてしまっているスサノオ神の傷を癒して、解放することが必要でした。
スサノオ神が傷ついていたことで、日本のあちこちが荒れていたのです。月が穏やかに世に出ることを妨害していたのですね。

月読神社へ到着し、早速、月読神へ次のようにご挨拶しました。
「この後、小島神社へと戻り、スサノオ神のエネルギーを沈静化させる役割を担わせていただきます。だから今日、あなた様が今まで封印されて、閉じられていたのをいよいよ解きますから、どうぞ世に出てきてください。あなた様が今、世に出ることが、地球と人類にとって最も大切なことなのです」。
月読神社には、参拝所の他に、山の上に本宮があります。そこは古ぼけていますが、月読神が鎮座されている場所です。そこで私は、高次元のお祈りを捧げました。
すると、「バン!」と空間が動く感覚がしたのです。これこそ、次元が変わったお印。物質社会から、霊性社会へと次元変換された瞬間でした。

お祈りの後、同行していた人が「今、何か変わりましたね」と言いましたが、その直後、宇宙の飛行体が現れて、私たちの頭上を飛び始めました。そして木の茂みに隠れたと思ったその2秒後には、5倍の大きさになって見せつけてきたのです。そのとき、直感でこう思いました。
「ついに月読神の封印が解けて、表に出たんだ!」と。

小島神社で行った「霊性開き」で新生地球が誕生

そうそう、余談ですが、今、高次元の存在たちの間では、UFOではなく飛行機になって現れるのが、流行りのようですよ。地球人を驚かせないための、彼らなりのマナーのようですね。

このとき、すでに小島神社に行ってスサノオ神にはご挨拶していましたから、すでにスサノオ神は沈静していました。その総仕上げとして、潮の引いた小島神社へ再び戻り、「霊性開き」を行いました。
引き潮で島への歩道が開けた小島神社で、モーゼによる紅海の奇跡のように霊性開きをしたわけですが、私の手の動きと同じように潮が引けていくのです。
同時に、空がバンバン!と光りました。ここでも、次元変換がなされたのです。

小嶋神社で祈りを捧げているとき、ガラス扉に映ったドクタードルフィンの右の顔が消え、新地球誕生のシンボルであるグリーン色エネルギーに共鳴した瞬間。

潮の引けた小嶋神社で、霊性開きのワークをするドクタードルフィン。

6月16日に、霊性が開かれ、その地場調整として、翌日から日本各地で地震が発生しました。もうしばらく、各地の地場調整は盛んに続きそうですね。

実は、この壱岐での霊性開きには、面白いつながりがあるのです。私が壱岐で開いたのは、日本列島を龍体に見立てたときの、“物質日本の松果体”でした。
それに対して、“霊性日本の松果体”というのも存在します。それが位置するのは、沖縄県古宇利島。
11月6日に出版される私の新刊は、チャネラーの龍依(Roy)さんとの対談本ですが、その龍依さんが今年の春に古宇利島を訪れ、霊性日本の松果体を開いてくれたのです。それにより、物質的な日本も霊性へと移行することができました。
日本列島の霊性の松果体を開いた龍依さんと、物質の松果体を開いた私のコンビ。この掛け合わせは、龍神の働きによるものらしいです。龍依さんとの新刊が出ることになったのも、龍神の仕掛けのようですね。

日本の、そして地球と人類の霊性が、6月に壱岐を訪れたことにより、完全に開かれたわけですが、実はその前に、重要な〝ある存在たちの封印を解く必要〟があったのです。
私も、壱岐に到着するまで気づかなかったことなのですが……。そのお話は、次回をお楽しみに。

(この記事を書いた人/澤田美希)

松久 正
まつひさただし/∞ ishi ドクタードルフィン。鎌倉ドクタードルフィン診療所院長。慶應義塾大学医学部卒、パーマーカイロプラクティック大学卒。既存医学に量子力学とスピリチュアルを融合した『超次元・超時空間松果体覚醒医学 ∞ IGAKU』を創造する。
著書に、『シリウス超医学』(ヒカルランド)、『ワクワクからぷあぷあへ』(ライトワーカー)、『水晶(珪素)化する地球人の秘密』(ヒカルランド)、『からまった心と体のほどきかた』(PHP研究所)、『あなたの宇宙人バイブレーションが覚醒します!』(徳間書店)、『これでいいのだ! ヘンタイでいいのだ!』(VOICE)、『「首の後ろを押す」と病気が勝手に治りだす』(マキノ出版)など多数。
https://drdolphin.jp

11月6日発売!
『シリウスがもう止まらない 今ここだけの無限大意識へ』
松久正、Roy(龍依/曽根史代)著/ヒカルランド
シリウスが設定した同窓会の2人が明かす、光次元のニューミラクルインフォメーション満載。シリウスから龍神とホルス神(鳳凰)の超強力な導きで実現した、世紀の多次元パラレル会議を収めた一冊。この対談のために降りてきた多数のチャネリングメッセージ入りで、霊性時代の転換点になること間違いなし。

『松果体革命』
松久正著/ナチュラルスピリット

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。