【松村潔】ウェイクアッププログラムと不死のプロセス、第二地球との接触

わたしはタロットカードは地球に墜ちてきたスターピープルが自分を取り戻してもともとの星に回帰するためのマニュアルであると説明しているが、最近フェイスブックで古川陽明氏と話をしていて、結局、スターピープル回帰ということと、神仙道で言う仙人になるというのは同じことであるという意見になった。
古川氏の神仙道の知識はタロットカードの示すものと重なる面が多いという点で、わたしは古川氏にタロット神仙道という方向で、いろいろと本を書いてもらいたいという希望を伝えた。
そのメソッドに関しては十分に知っているはずだからであり、いまそれをすることは非常にタイムリーな話でもあるからだ。

最近、地球はシフトすることになっている。このシフトした地球に住む人は、要するに仙人である。かつて仙人は1000人にひとりくらいしか可能性はなかったらしい。
わたしはスタピ的な存在は、マックスで人口のおよそ3パーセント程度と説明していた。3パーセント程度というとあまりにも多いじゃないかという話だが、1945年以後、地球に大量にスタピがボランティアとして送り込まれたので、今ではこのくらいの比率になるのではないかと思う。
そして、この送り込まれたスタピはたいていの場合、生まれてはじめて地球の異常な状況に驚き、この中で適応することに苦しみ、そして、そもそも戻る道を忘れそうになったりする。
そのためにも仙人プロジェクトやタロット道は、ウエイクアッププログラムなのである。秋山眞人式に言えば13歳から14歳くらいまでに、おまえはもとスタピだと知らされる。この体験を忘れている人も多いが。

仙人はかつて仙人であり、そうでないなら今後も仙人になることはないという話だが、そもそも地球に墜ちてきた仙人を滴仙というらしい。仙界から追放されて地球に来たという話は、実際にはちょっと違うと思う。
ナグハマディ文書に書かれているように、神のそばにいた人であるアントロポースは世界造物主の技に興味を抱いた。興味を抱いた瞬間に、地球に生まれてきてしまったのだ。
世界造物主の試みは特殊で、いったいどうしてそんな妙なことをするのかつい好奇心を持ってしまった。この特殊条件が原因で地球に生まれてきた元仙人は、抜け出すことに苦労する。
もう十分に理解したからもういいと言うのならば、もとの場所に帰還してもらったほうがいいし、そのための方法として、わたしはタロットカードという経典をウエイクアップ用に説明することにしたのだ。

タロットは金星人がもたらしたという話だが、金星人といっても、よその宇宙から金星にやってきた人々であり、ルーツはもっと遠いところにある。
魔術的人格を作るためにタロットは考案されたという話だが、魔術的人格とはつまりはアストラル体であり、タロットではそれを育て、肉体的存在であることを脱ぎ捨てて、それに乗り換えることを教えるというのが一番大きな特徴だ。
「16塔」のカードで恒星に飛んだ後に、その恒星ボディに合致するアストラル体を、18月のカードの段階で地球の古い記憶の中から掘り出す。まるでそれは放置された故障円盤のようでもあり、忘れられた神話でもある。
それが育った後に「21世界」のカードでは、この陽神が肉体を飲み込んで「気化」していく。気化すると見えなくなると思うだろうが、それは地球の肉体を持って生きている人からすると見えなくなるだけで、少し振動密度の高くなったレベルでちゃんと肉体を持っているし、仙人は本人からすると自分は三次元的な存在であると思っている。

仙人ボディは仏教的には応身のことでもある。応身はエーテル体と言われているが、正確に言うと、たい焼きの薄い皮のようなところがエーテル体で作られ、もちろんこの中に本質としてアストラル体、メンタル体、ブディ体などが同心円的に存在する。
地球人は肉体が物質体で、この中に上記のより高次なボディがあるが、地球人間の特徴としては、物質体は想念には忠実に従わない。応身のボディであるエーテル体は、想念にそのまま忠実に従う。
想念に従わないまるで異質な物質体に生命を押し込めてしまうというのが、世界造物主のおかしな計画のひとつでもあり、スターピープルたちはその罠にはまって抜け出せなくなってしまった、つまり世界造物主は面倒くさいゲームをしかけたのだ。
世界造物主は死という珍しいものをもっと普及させたかったので、人間は死んだあとは自分はもう存在しなくなると考えるようになった。

物質体と似て非なるエーテル体の身体素材は、現代風の言い方をすると太陽系の外の暗黒物質でもあり、そこから太陽系の中の金星、地球の周囲にある月の軌道の遠地点をバイパスして持ち込まれる。
西欧で忌み嫌われるリリスは、日本では天狗族とかあるいは出雲族のようなものであり、そんなに違和感のあるものではない。出雲族は〝雲から出る光〟というような意味でもあるが、この雲が仙人の身体素材でもあり、雲の上の人と言われるのも当然だ。
仙人の中では低級だと言われる孫悟空の觔斗雲(キント雲)も似たような素材であり、身体がそれで構成されていくようになるのに達磨大師は9年かけた。

わたしは最近、9年かけて12感覚をシフトするという話をある書籍に書いたのだが、仙人の場合、死期が来るまでに仙人ボディを8割がた完成させておき、死期が来ると一気に残りを完了させて仙人になるという、宮地神仙道の話を古川陽明氏から聞いた。
死んだ時に仙人になるのを「尸解仙」と言うのだが、これがもっとも抵抗のない無理のない方法だろう。
通常は人は死ぬと、エーテル体となり、その後エーテル体を脱ぎ捨ててアストラル体になり、それからアストラル体を脱ぎ捨ててメンタル体になる。
エーテル体になった段階でもう自我は失われていることが多く、その後のプロセスは本人とは無関係といえるような状態で進行する。つまり死んだ後、その人の人格の側面は不在になる。
仙人はこのエーテル体を分離せず、それを身体として、自我意識がそのまま継続する不死の存在になるのだ。 生きている間に8割がた完成させるというのは、生きている時に、すでにエーテル界やアストラル界、つまり太陽系外宇宙や太陽系内地球外世界を体験していることになり、すこしだけ地球的現世の情報が入ってくるという状態だ。
まるでこれは、ボケ老人のような感じかもしれないが、この世の印象は比較的希薄で、細かいことはどうでもいいような状態になる。この世界のことが2割、異次元が8割というのもかなり無茶な話であるが、尸解仙になる人は、イラついて自然死まで待てないということにもなりやすいのではないか?
異次元のほうが楽しすぎて、それに比較して、この世は低速で退屈でしかたがない。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。