11月 16

アストラル界は無限に広がるイマジネーションワールド!


dobai02.jpgのサムネール画像さあ、ではさっそくアストラル界での僕の日々を
紹介していこう!

アストラル界には低次から高次まであって、
僕のその日の睡眠時点でのバイブレーションの周波数にあった
世界にいくことになる。

僕がよく行っているアストラル界は、

たぶん中くらいの階層だと思われ、
基本的には地球と似ている。

いまの地球の都市を100年くらい未来にした感じだろうか。

続きを読む

11月 15

パワスポ初心者にもおススメ!秩父・今宮神社で宇宙の生命の源を感じよう その1


imamiya01_20101115.jpgいまや日本は空前のパワースポットブーム。
テレビや雑誌でたくさん取り上げられていますね。

でもあまりに人が集まりすぎた人気のパワースポットは、気が乱されて波動が下がってしまっているところも多く見受けられます…。

そこで、エネルギーたっぷりでプラスの波動がいただける、まだまだ元気なパワースポットをご紹介いたします!是非訪れて、開運してください♪

続きを読む

11月 13

てんぷらの衣とエビフライ~夢見るアセンション


015.JPGのサムネール画像スターピープルの皆様、「夢見るアセンション」へようこそ!

高知出身のコーチ、前田アキコと申します。

なにをコーチするかって?それはもう人生のあれやこれや。どうやったら自分を好きになるかとか、ワクワクするにはどうしたらいいかとか、働きたくないけど、どうしよう、部屋の片づけができないけど、どうしようとかね。

続きを読む

11月 12

二元性を外側から見つめるための肉体的アプローチ1

cube20101112.jpg<<微細なエネルギーの顕現としての二元性>>

中国に伝わる陰陽太極図は、量子物理学者であるニールス・ボーアが故国デンマークで勲章を授かるときに、それをボーア家の紋章としたことでも世界的に有名な図形となりました。

この図が示すものの中には、ひとつの事象が存在するためには、それと対をなす存在が必ず存在しているということと、ある安定して存在する事象の内側には、対をなす二つの要素がバランスをとりながらそこに存在し続けている、ということがあります。

続きを読む

11月 11

2010年11月の見通し:もうここは今までいた場所ではありません(後)


flash2_20101111.jpg今、銀河中がこのリアル・ドキュメンタリーを見守っています。

皆が地球の行方を知りたがっています!人間は新しい高周波数の現実に合わせて意識をシフトするのか?地球からいなくなるのか?

続きを読む

11月 11

2010年11月の見通し:もうここは今までいた場所ではありません(前)


flash1_20101111.jpgA message from Dana Mrkich, Nov. 2, 2010

私たちが11月11日というものすごい特別なエネルギーに向かって突進していく中、全ての感情が異様に増幅するのを感じている方がいるでしょう。それが崇高な気持ちであれ、パワフルな気持ち、落ち着いた気持ち、憤慨した気持ちであったとしても、それはあなたが新たな自分の誕生に向け着実に進んでいるというポジティブな証拠です。
あなたは今までとは全く違う周波数の現実へと移管しつつあり、あなたの身体の細胞一つ一つがそれに反応しています。あなたは揺さぶられたり、振り回されたり、押しつぶされながら、もしくはスムーズに、そのトンネルを通過しているところでしょうが、一つだけはっきりと言う事ができます:もうここは今までいた場所ではありません。

続きを読む

11月 10

自分への興味が扉を開く鍵になる


 
earth1109-thumb-300x212-106.jpg『StarPeople』34号に掲載中の、阿部敏郎さんへのインタビュー記事から、アセンションに近づくヒントを探してみることにしました。

僕も何度となく読み込んだ、3ページにわたる記事なのですが、そのなかには濃い~ソースが凝縮されています。まさに、これは! というキーワードが、目白押し……! さすが阿部さんです。今回はその中から、以下のお話を取り上げてみました。

———————————————–

(”気づき”を伝えるために)僕は、会う人ごとに言って回るんですけど、みんな引くんですね(笑)。 ~中略~ いまから25年も前だから、スピリチュアルな情報も少なかったもので。そういう中で、自己啓発セミナーと出会うんです。それに参加したときに、見えないものに対して全く興味をもっていない人たちが、プログラミングされた実習の中でだんだん興味をもち始める。そして、自分自身についても興味をもち始める。その姿を目の当たりにして、「これだ!」と思ったんですよ。

*『StarPeople』34号 P38~39より引用

———————————————–

続きを読む