11月 22

☆風水 優李☆マヤンオラクルと二十四節気【11月22日】

flower1109.JPGのサムネール画像みなさんは、24節気はご存じですか?

黄道(太陽が1年で1周する天球上の軌道)を15度ずつ24区分に分け、太陽がその区分点を通過する日付にその期間の季節を特徴づける言葉にして表したもので、太陰暦の日付と季節を結びつけるために考案されたものです。

よく知られているところでは「春分」、「秋分」、「立冬」といった、1年の季節の移り変わりの節目のことをいいます。1年で24日あるので、だいたい月に2回節目の日が回ってくることになります。
その節目の日が、マヤの暦ではどういう日になるのか?
24節気をツォルキンで照合し、マヤンオラクルのカードに置き換えて、タロット・セラピスト/エナジーヒーラーの風水優李先生がリーディングします。

続きを読む

11月 22

パワスポ初心者にもおススメ!秩父・今宮神社で宇宙の生命の源を感じよう その2


imamiya03_20101115.jpgいまや日本は空前のパワースポットブーム。
テレビや雑誌でたくさん取り上げられていますね。
でもあまりに人が集まりすぎた人気のパワースポットは、気が乱されて波動が下がってしまっているところも多く見受けられます…。

そこで、エネルギーたっぷりでプラスの波動がいただける、まだまだ元気なパワースポットをご紹介いたします!是非訪れて、開運してください♪

続きを読む

11月 22

この本は「愛」そのものです―『愛するあなたへ―To My Beloved』


TMB-cover(nsweb).jpg点描画のマンダラ・アート聖地の写真、そして、言葉(詩)。それらすべてが一つの「大いなる愛」でつながっている。ページを開くたびに、ハグされているような感覚。
「あなたは、そのままのあなたで完璧なんだよ」「あなたは、とても美しい存在なんだよ」。そんな聖霊達の声が、耳元で聞こえるよう。

『愛するあなたへ―To My Beloved』には、祈りを込めて描かれた点描画の美しいマンダラと、世界の聖地などを撮影した写真が収録されており、そこに、等身大で語りかけてくる愛に溢れた言葉(詩)が日本語と英語両方でつづられています。
日常のなにげない一コマに見い出す世界の美しさ。そんな美しさと、限りない愛を、この本から感じることが出来ると思います。

大切な人、そして大切な自分自身への贈り物にぴったりな一冊です。

続きを読む

11月 20

努力賞をあげようかな~夢見るアセンション第2話

tendon20101119.jpgのサムネール画像こんにちは、「夢見るアセンション」を夢見るアッコさんです。

いやぁ、1日が早い。あっという間に過ぎます。24時間が実質16時間ぐらい?

アセンションが近くなると、時間が過ぎるのが早くなるって、聞いたことがありますが、本当ですね。

あと1ヶ月半で2010年も終わりでしょ。この間、年賀状で「好きなことに、トラトラ・トライ!」なんて書いたのに。もう「うさぎ年」にバトン・タッチですか。

続きを読む

11月 19

【動画】満月の日に姿を現すUFOを撮影した映像を公開!そのメッセージとは

fullmoon20101118.jpgのサムネール画像『スターピープル』35号の特集で取材させていただいた戸島千恵美さん。

フラワーエッセンスのサロンを経営し、ヒーリングなども行っている方ですが、アシュターコマンドやオリウン、最近はオスラムという宇宙生命体と交信をされています。

続きを読む

11月 19

二元性を外側から見つめるための肉体的アプローチ2


tree20101119.jpgのサムネール画像<<二元性から離れるための肉体的プロセス>>
 

まず、ゆったりとした気持ちで、足を肩幅に開いて、立ちます。膝を緩め、重心を踵寄りにして、体幹と首をまっすぐに起こして、目をつぶります。両手は体から離して下にたらし、その重さで肩が下に下がっていくようなイメージを保ちます。

続きを読む

11月 18

「もう一度生きなおしてみよう」その決意から始まった物語

kannagara_blog.jpgのサムネール画像悟り、ワンネス、超意識・・・そのような体験をし、覚醒に至った人物の話や、その人物が書いた本は、世にたくさん出ている。
しかし、現代社会に住む私たちとしては、そのようなストーリーを聞いてもなお、「悟り」とはインドの山奥で超越した人物が得る体験であり、私たちの日常とは、まったく関係ないような認識をもってはいないだろうか?

『随(かんながら)神』主人公Aは、そんな私たちと同じ現代社会に生きる人物である。芸能界、音楽業界で活躍し、豊かな現代生活を謳歌していた。
しかし、そんな彼に「その瞬間」は突然やってきたのである。

続きを読む