• HOME
  • ブログ
  • インタビュー
  • ディーパック・チョプラ/自分に対する気づきが高まった状態が未来を切り聞いてゆく【『StarPeople』バックナンバーより】

ディーパック・チョプラ/自分に対する気づきが高まった状態が未来を切り聞いてゆく【『StarPeople』バックナンバーより】

世界のセレブから信頼される代替医療と魂のリーダー、ディーパック・チョプラ博士。脳の「神経蘇生」や、遺伝子に好影響を及ぼす活動「エピジェネティクス」、より良く生きるための方法「ウェルピーイング」について語っていただきました。
『StarPeople』バックナンバー53号「『自分に対する気づきが高まった状態』が未来を切り聞いてゆく」でのインタビューをご紹介しましょう。
*2014年12月時点の内容となります。

気づきを高めるには瞑想や内省が効果的

——日本においてスピリチュアルに関する知識は、10年前に比べて一般にも浸透してきたと思われますが、全体としてはまだまだです。スピリチュアルな分野にかかわる個人あるいは組織は、今後の社会に対して、どういう貢献ができるでしょうか。

「スピリチュアルな気づき」を一般的な言葉に言い換えれば、「自分に対する気づきが高まった状態」と言えるでしょう。
そこにはさまざまな要素があります。肉体面の気づき、五感に関する気づき、体内で何が起きているかということへの気づき。また、精神面の気づき、たとえば、想念や感情に対する気づき、また人間関係の気づき、社会に対する気づきです。
そのような気づきを高めていくためには、日常的に瞑想や、自分の内面を見つめる内観や内省をすること、また、表面的な現実に対して疑問をもってみることが、非常に効果的です。
こうした習慣を通じて超越的な意識を得た結果、直感カやインスピレーション、想像力、創造力にアクセスすることができるようになり、意識がシフトしていきます。これが結果的には、自分自身の意識だけでなく、リーダーたちの意識をも変えていくことにつながります。

たとえば、ビジネス・リーダーたちの意識がシフトしたときについて考えてみましょう。気づきの高まったビジネスマンは、ビジネスにおいてとても成功するでしょう。それだけでなく、高い意識を持ち続けると、個人レベルをさらに超えて「非個人的な意識」にアクセスすることができるようになるのです。「非個人的な意識」というのは、言い換えれば集合的無意識、宇宙意識です。
この意識レベルで事業活動を行うことで、集合的無意識やエコシステム全体を変え、大きな癒しをもたらすこともできます。このレベルに関しては、とりわけ東洋において連綿と研究されてきた、伝統的な知識体系があります。
この集合的無意識には、ソウル・コンシャスネス(魂意識)、ディヴァイン・コンシャスネス(神聖意識)、ユニティ・コンシャスネス(統一意識)など、さまざまな呼び方がありますが、このレベルの意識に到達すると、それぞれのレベルで現実が変わります。これは単に認識が変わるというだけでなく、実際に生物学的な変化も起きてくるのです。

私たちの活動が遺伝子に影響を及ぼす

——生物学的な変化とはどのようなものでしょうか。またウェルピーイングについて教えてください。

現在、ニューサイエンスと呼ばれる学問領域からの研究がたくさん出ていますが、その中の“神経蘇生”と“エピジェネティクス”という分野が注目されています。神経蘇生は、私たちが脳のニューロンを意識して変えていくことができる、というものです。
たとえば、どのような考え方をもち、どのような行動をするのか、どのような言葉を話すのかや、人間関係や社会的な交流、自然とのかかわりなどによって、ニューロンの結合の仕方を変えていくことができ、またニューロンの数を増やしていくことができるのです。

その作用があるものとして知られているのが、瞑想や内省です。そのほかにもストレスマネジメント、質のよい食事や睡眠、感情のマネジメント、ヨガなどのさまざまな運動、などが含まれていきます。
私たちの遺伝子の数は2300と言われていますが、生まれながらの遺伝子がそのまま継続するというよりも、私たちの活動によって遺伝子に影響を及ぼしていくことができるという考え方が、エピジェネティクスです。

遺伝子のなかでも、突然変異などによって、変わることができないのはわずか5パーセントであり、95パーセントという大多数の遺伝子が、先ほど挙げた瞑想習慣や食生活、考え方などによって変えることができる要素をもっているのです。つまり、身体とマインドのつながりがとても重要になっていると言えます。
エピジェネティクスによって、老化を遅らせ、健康を促進し、寿命そのものを長くすることができます。さらに、老化を止めたり、すでに老化したものを若返らせることもできるのです。

ウェルピーイングとは、先ほど申し上げた食事や瞑想、運動、ストレスマネジメントなどを含めた肉体面、精神面の健康に加えて、社会的、コミュニティ、キャリア、金銭面、そして感情面の健全さが含まれます。このウェルピーイングという概念こそが、個人レベルでも、国レベルでも、またビジネスにおいても、未来を決定していく最も重要な決定要因となるのです。

 

——チヨプラ博士は、先ほどおっしゃった宇宙意識にいつもいるのでしょうか。また、博士の1日を教えてください。

毎朝2時間、日課として瞑想などをしていますが、そのときにアクセスしているのは、魂レベルを超えた宇宙意識の情報のようです。私の1日は、朝4時に起床し、2時間瞑想します。そしてヨガをして、ジムに行って運動をします。
また、毎日自分自身にコミットしている言葉があります。まず、喜びに満ちたエネルギーで過ごすということ。そして、慈愛に満ちたハートをもち、身体は敏捷で、頭は明晰であるということ。私の存在が軽くて、素早く動くことができるということ。
これらにまずコミットすることによって、1日の作業は流れに乗るようにでき、心配なく過ごすことができるのです。

(この記事を書いた人/水原敦子、通訳/大空夢湧子
写真/内橋美誉子、取材協力(株)ボディ・マインド・スピリット)

 

ディーパック・チョプラ
Dr.Deepak Chopra /医学博士。心と身体の医学およびウェルピーイング分野における世界的な第一人者。1996年にカリフォルニアで「ウェルビーイングのためのチョプラセンター」を設立し、西洋医学と東洋の伝統的なヒーリングを統合させた癒しの手法を確立。また、75冊を超える著書の多くがペストセラーで、35カ国に翻訳・出版されている。米国内科医師会フェロー(特別研究員)、米国内分泌科医協会メンバ一、ケロッグ経営大学院非常勤講師。
http://www.chopra.jp

DVDブック『マインドとの同一化から目覚め、プレゼンスに生きる』
エックハルト・トール 、ディーパック・チョプラ 著/采尾英理 訳
ナチュラルスピリット
2,100円+税

『宇宙のパワーと自由にアクセスする方法』
ディーパック・チョプラ著/渡邊愛子訳
フォレスト出版
1,600円+税

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。