9月 22

オルゴナイト★コラボワークショップ 北海道で開催します!!


























『StarPeople』で「ザ・ヤンズ対談」を連載中(不定期)のヤンズさんこと山水治夫さんと、
ユニバーサル・オルゴン協会の代表理事であり神聖幾何学アーティストの村林弘子さんのコラボイベント第2弾のご案内です。


各地から、イベント開催希望のお声が上がっているようで、東京と京都の開催に続き、
このたび北海道(札幌・帯広)でも開催が決定しました。
北海道では2都市での開催ですので、皆様ぜひご参加くださいませ。








今回も山水さんのピアノを堪能していただき
心身ともにリラックスした状態のなか、
円錐型の“セオリツ・オルゴナイト”を作ることができる、
大変貴重なワークショップです。

宇宙と会話をしながら、
これまでのオルゴナイトにはなかった
神秘的な新しい型を作り出す村林さんの解説つきですので、十分にご堪能いただけることでしょう!














*****詳細はこちらです。*********

【札幌開催】
【日 程】 9月30日(土)13:00~16:00(開場12:30)
【場 所】美園ホール
札幌市豊平区美園9条2丁目6-4 リスロンビル2F
【アクセス】
http://www.misonohall.info/access/
【ワークショップ参加費】9,500円
【持ち物】お飲み物

【帯広開催】
【日 程】10月1日(日)14:00~17:00(開場13:30)
【場 所】Salon 齋藤亭
北海道帯広市東2条南4丁目19番地
【アクセス】
http://www.misonohall.info/access/
【ワークショップ参加費】9,500円
【持ち物】お飲み物


【詳細・お申込み】
“セオリツ・オルゴナイト”を創る会【北海道】
こちらのページからどうぞ
http://ppplace.jp/archives/8145

【お問合せ】
こちらのページからどうぞ
http://ppplace.jp/contact

皆様のご参加をお待ちしております。



■参考書籍
『あなたにも奇跡が起こる 瀬織津姫神社めぐり 姫旅しませんか?』
山水治夫 著




9月 19

スタピ64号で見送りになった発行人愚言録、ブログにてお目見え!

スターピープル編集部です。
いつもご愛読いただき、ありがとうございます。























先週15日に発売になった64号で、
まぼろしとなってしまった、発行人の愚言録。
毎号楽しみにしていただいている読者さまもいらっしゃると聞いています。
アリガトウゴザイマス!!!

発行人より許可が下りましたので、
こちらに掲載いたしま~す!
64号愚言録

64号は、取材、インタビュー記事満載の増量充実号でお届けしています。
そのため、準備していた発行人による好評連載「星の道、あるひは偽善者の道」を入稿間近に急遽、泣く泣く掲載見送りにすることが決まったのでした。

発行人の旬の情報や非二元の深い内容も入っているので、
みなさま、どうぞお楽しみくださいませ!

12月発売予定の65号でも、非二元について、さらに詳しく特集します。
ご期待ください!



『StarPeople』64号 Amazonでご購入

■『StarPeople』は、
定期購読、年間購読を受付中です。
詳細はフジサンマガジンサービスからどうぞ。

ナチュラルスピリット ウェブサイト



9月 12

大和ミツバチ自然養蜂観察会へ、Let’s Go!【Part1】

8月23日のfecebookでお知らせした、『ミツバチが森をつくる不思議展』















半月で来場者も千人を突破して、大盛況のうちに幕を閉じました!
大和ミツバチ(ニホンミツバチ)を増やして、森を再生する活動を行うBee Forest Clubは、他にもさまざまな活動を展開しています。

そのひとつが、彼らの管理する大和ミツバチの自然養蜂場での月に一度の観察会。





















9月初旬、早速、大阪の某神社での観察会へ。
そこの敷地は豊かな自然林に恵まれ、森の洞の穴はミツバチたちの格好の棲家。
















しかし!
ここぞとばかりにミツバチを捕食せんと結集して来た黄色スズメバチ軍団は、
巣を出入りするミツバチを狙いながら待機。

10匹ほどの大和ミツバチたちはタッグを組むと、洞の穴の入り口付近に陣取りながら、
黄色スズメバチが近寄る度に全員で羽根を震わせて、音を立てながら威嚇していました。

地球上の生物の世界は弱肉強食が掟。
お互いが生きるために必死なんですね。

 いや~、それにしても
こんな珍しい光景は初めてでした!



















神社の本殿の裏斜面の森の中には、
大和ミツバチが棲めるようにとBee Forest Clubが設置した巣箱がありました。

順調に営巣が進んでいて、10月の自然養蜂観察会では、
できたてほやほやの蜂蜜の瓶詰めも予定しているそうです!







































Bee Forest Clubでは、ほかにも巣箱つくりのワークショップやセミナー、自然養蜂教室(対象は絶対に大和ミツバチを飼いたい人)など、内容も盛りだくさん!

■公式サイト
Bee Forest Club(ミツバチと森をつくる会)


今週15日(金)発売予定の
『Star People 64号』には、
この素晴らしい活動を仲間とともに
2年以上も地道に続けている
Bee Forest Clubの代表、
吉川浩さんのInterview記事も掲載されています。























併せてお読みいただけると嬉しいです!
お楽しみに!

■『StarPeople』Amazonでご購入

■『StarPeople』は、
定期購読、年間購読を受付中です。
詳細はフジサンマガジンサービスからどうぞ。

ナチュラルスピリット ウェブサイト



8月 04

☆覚醒医療ネットワーク 第2回シンポジウム のご案内!☆



















病気とは何なのか? なぜ病気になるのか!生命の本質から医療を根底から見直し、本来あるべき治癒方法や医療を提供します。とても内容の濃い充実した1日となりそうです。

出演はホメオパシーの帯津良一先生、胎内記憶の池川朗先生、前世療法の萩原優先生、映画、祈りと蘇生の白鳥哲監督などです。






詳しいお問合せ、お申込みはこちらです。

■開催日時
8月12日(土) 10:30~17:50
受付 10時00分~ / 開場 10時10分~

■会場
日比谷図書文化館 B1F コンベンションホール
(〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1-4)

■アクセス
【地下鉄】
◎東京メトロ 丸の内線・日比谷線「霞ヶ関駅」B2出口より徒歩約3分
◎都営地下鉄 三田線「内幸町駅」A7出口より徒歩約3分
◎東京メトロ 千代田線「霞ヶ関駅」C4出口より徒歩約3分

【JR】
◎山手線 新橋駅 日比谷口より 徒歩約10分

■参加費
会員 4,500円(税込)
一般 6,000円(税込)

■振込先
 ※必ず個人名を明記下さい。

◎郵便振込み 00290-8-55017

◎他銀行から 〇二九店 当座 0055017

(振込手数料は各自ご負担ください。)

■主催
覚醒医療ネットワーク

■お申込み
お申込みフォームはこちら

■お問い合わせ
覚醒医療ネットワーク
事務局長 米田晃
TEL 0465-42-2704
EMAIL info@kakuseinet.com



7月 12

★ドルフィ二スト篤さん『悟りハンドブック』出版記念講演が決定!★






この度、ナチュラルスピリットから出る新刊『悟りハンドブック』の出版を記念して
ドルフィ二スト篤さんの出版記念講演が決定しました!
ご活躍中のドルフィ二スト篤さんによる悟りのお話を直接聞けるチャンスです。
講演会にご参加いただいた方限定の特典もあります。
皆様是非ご参加ください!
————————————-


ドルフィ二スト篤 著
『悟りハンドブック』出版記念講演会

【250名様限定!】
特典1 ドルフィ二スト篤サイン入り著書1冊プレゼント
特典2 講演会限定 オリジナルしおりプレゼント
特典3 Dolphinist Academy主催 「悟りクラス」受講料\10,000割引

講演会では、「悟り」とは何かをわかりやすく解説いたします!

1.講演
・「悟り」とは?
・量子力学から「悟り」を検証する
・誰でも簡単にできる「自覚」
・自我のからくり ~自我は幻想~

2.交流会

■ 日時:2017年8月29日(火) 15:00~17:00 (受付14:30~)

■ 会場:パレスホテル東京(東京・丸の内)

■ 参加費:税込 \12,000

■ 締切日:2017年7月31日(月)

■ 主催:Dolphinist Academy

■ 協賛:ナチュラルスピリット

講演会終了後ホテル内宴会場にて、立食ビュッフェの懇親会を開催いたします。
<参加費>税込 \14,000(実費)

お申し込みの方は、特設サイトよりお申し込みください。

『悟りハンドブック』特設サイト

■ お問い合わせ先
Dolphinist Academy

————————————-

7月14日発売!

『悟りハンドブック -<私>を思い出すこと、それが悟りです! -』
ドルフィニスト篤 著
1,500円+税

Amazonでご購入

【覚醒ブックス】
イルカのように生きる「ドルフィニスト」である著者が、悟りの概念、悟りを目指すための方法論、悟るとはどういうことなのか、さまざまな角度から体系的に書いた一冊。論理的にわかりやすく「悟り」を 解説しているので、探究を続けている方をはじめ、悟り入門としてもオススメです。

ナチュラルスピリット ウェブサイト

7月 07

★【きずな倶楽部スペシャル講演会】ザ・チョジェ・リンポチェ様公開対談 のご紹介★



『StarPeople』58号でも取材させていただいたザ・チョジェ・リンポチェ様の講演会のお知らせです!


















きずな出版が運営する、本好きのための読者会「きずな倶楽部」主催のスペシャル講演会


山崎拓巳先生×ザ・チョジェ・リンポチェ様公開対談
「人生で大切な話をしよう―今日から毎日の生活に活かせるチベット密教の考えや儀式―」が
7月21日(金)に開催されます。
















現在までに30冊超、累計120万部のベストセラー作家でありながら、「凄いことはアッサリ起きる」夢-実現プロデューサーとして講演活動、映画出演、作詞家活動、飲食店オーナーなど多岐にわたる活動を続ける山崎拓巳先生。

ダライ・ラマ14世の70歳誕生祭では最高執行責任者も務め、
誰とも争うことなく、自分の人生を幸福に生きる智慧を説き、愛を広めている、
チベット仏教の高僧、ザ・チョジェ・リンポチェ様。
ザ・チョジェ・リンポチェ様。


今回はおふたりを講師に招いて、人生で大切なものは何か? 私たちが歩むべき人生とは?
……などおふたりの考える「人生で大切なこと」についてお話ししていただきます。


また、普段はなかなか触れる機会の少ないチベット密教の考えや儀式について、
実際に経験し、日常生活に取り入れられるかたちで学ぶことができます。
今の自分にほんとうに必要なものは何か、気づきを得られる時間になるでしょう。

詳しいお問合せ、お申込みはこちらです。

■開催日時
2017年7月21日(金)
午後6時00分開場 午後6時30分開演(午後8時30分終了予定)

■会場
牛込箪笥区民ホール地下鉄:都営地下鉄大江戸線 「牛込神楽坂」A1出口より徒歩0分
東京メトロ東西線「神楽坂」2番出口より徒歩10分
都バス:飯62系統 小滝橋車庫前~都営飯田橋駅 または、
橋63系統 小滝橋車庫前~新橋駅「牛込北町」下車

■参加費
5000円

■主催
きずな出版

■お申込み
お申込みフォームはこちら

■お問い合わせ
お問合せフォームはこちら
Tel. 03-3260-0391 (10:00-18:00/土日祝日を除く)


みなさまのご参加を心よりお待ちいたしております。


7月 04

★アイヌのグランドマザー アシリレラさん 貴重なインタビュー動画のご紹介★

北海道二風谷在住のアシリレラさんは、アイヌ語とアイヌ文化の継承活動のほか、
民族問題や環境保護活動、平和活動に取り組んでいるまさに、日本を代表するようなグランドマザー(偉大な母)。

レラさんは、日本語で例えるなら、“肝っ玉母さん”という言葉がぴったりくる方です。
ご本人に肩書きはなんとご紹介すればいいですか?と尋ねたところ、アイヌ語で“トゥスクル”という答えでした。意味としては一般的に知られる「シャーマン」という呼び方のアイヌ語が、“トゥスクル”「見抜く人」だそうです。

*シャーマンとはもともとシベリアの先住民達の呼び方で、意味は祈祷師や巫女のような存在

レラさんは、2014年8月9日に八ヶ岳で行われた増川いづみ博士主催の
「北斗祈り祀り」に参加されました。
実はイベント中、レラさんのマイクの位置が遠くて、レラさんの声が会場に届かなかったということがありました。

その翌朝、北海道に戻られる直前のタイミングでビデオインタビューをする貴重な機会をいただきました。レラさんの生い立ちから、アイヌ文化や日本人のルーツや今伝えたいメッセージなどについてインタビューしました。

◆インタビュー1◆


◆インタビュー2◆

このインタビューはとてもパワフルなので、ぜひみなさんにシェアしてもらえれば幸いです。





6月 27

★スターピープル63号 ザ・ヤンズ対談 第7弾 制作こぼれ話★



6月7日に発売された『StarPeople』63号には、数号ぶりにヤンズさんこと山水治夫さんの対談記事を掲載しています。
















瀬織津姫の伝道師であるヤンズさんは、
5月に最新刊『あなたにも奇跡が起こる 瀬織津姫神社巡り 姫旅しませんか?』を出版されたばかりで、早くも多くの方からご好評の声をいただいています。









今回のゲストは、ヤンズさんの8年来のご友人・深田剛史さん。
数霊研究の第一人者である深田さんの著書をお持ちの方も多いと思います。

GW前に都内某所で行なわれた対談で、深田さんから飛び出したのは、諏訪の御柱祭りによせる熱い思いでした。
なんと諏訪に通うこと2年間で40回以上というから、並大抵の“御柱好き”ではないようです。

対談を終えて、撮影タイムスタート!というとき、深田さんがキャリーケースから取り出したのは、御柱祭りの腹掛け。





腹掛けというのは、金太郎さんが身に着けているあの赤いコスチュームのことです。







さらに、御柱がプリントされた法被も持参いただいて、すぐにでも御柱を曳けそうな衣装に着替えてくださいました!















こうして、63号に掲載したツーショットが撮影されたのです。





後日、記事の校正を連絡していただいた日は、「信濃国二之宮小野神社 里曳き」の最終日。
修正箇所を伝えてくださる深田さんの電話口からは、威勢のよい祭りの掛け声が聞こえていました。



———————————————————-
Fujisan.co.jpにて
『StarPeople』定期購読受付中です!
★月額払い
★毎号送料無料
★2号連続50%OFF

▼fujisan定期購読のお申込はこちらから♪