ルボミール・メルニクのEvertina

世界最速のピアニストとも称され、「コンティニュアス・ミュージック」(「持続奏法」)を生み出したLubomyr Melnyk(ルボミール・メルニク)。

amazonの試聴で訊いたルボミール・メルニクのEvertinaが良くてCDを購入した。
とても良い。何度も連続して聴いてゐる。

日本ではあまりまだ知られてゐない(日本語の記事も少ない)が、是非聴いてほしい。

インタビュー記事は、こちら

哲人みたいな風貌だ(笑)。

Evertinaは、いろいろなキラメキが綴られながら、祝福とともに天上界に上がっていくやうな曲。
どこか懐かしいメロディーをふくみながら。

少し山水治夫さんの曲にも似てゐる。

Evertinaがとても良いので、ルボミール・メルニクの他のCDも何枚も購入したが、早いだけであんまりうピンとこなかった(笑)。

(今井)

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。