困った時はサン・ジェルマン!/Part1

神保町の吟遊詩人・マーソロミューです。
科学的な計測によると、僕たちの体や精神、地球の地殻に多大な影響を及ぼす宇宙線の量が、
過去最高レベルになってきているようです。

宇宙線の量も増えてきたし、天体エネルギーも大変化中

占星術的にも、11月からエネルギーの流れが大きく変わってる。
次元シフトがさらに加速していく様相みたいですね。

僕たちは、いやおうなしに新しいエネルギーをインストールし、アップデートの真っ最中であることは間違いないだろう(いったい何項目、インストールしているのか!)

細胞レベルでかき回されているので、それまで抑圧してきた部分が浮上してきている。
ハッキリとしたトラブルを抱えている方、なんとなく停滞を感じている方・・・、二元性に縛られたこれまでの古いやり方で乗り越えようとしても、行き詰ってしまうこと請け合いだ。

アップデート中にフリーズしないためにも、こんな時は「サン・ジェルマン先生」を呼び、彼が司る「バイオレットフレイム」の恩恵をいただきましょう!
サン・ジェルマンはいわずもがな、地上降臨時では不老不死の天才で超能力者
アセンデッドマスター、セント・ジャーメインとしても有名ですね。

そんな彼の弊社の書籍としては、以下のものがある。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
読まないと人生損しそうな、サン・ジェルマン(セント・ジャーメン)が登場する本

◆『三重の叡智』/サン・ジェルマン伯爵の、唯一の自筆の神秘学書!
◆『明かされた秘密』/著書の前に突然サン・ジェルマン現れて、壮大な物語へと展開…。
◆『マジック・プレゼンス』/『明かされた秘密』の第2巻。
◆『神性を生きる』
二元性を超えて「I AM」の領域へいざなう!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この中で、今回はこの本をご紹介。
『神性を生きる』
ジェフリー・ホップ著、リンダ・ホップ著、林眞弓訳
ナチュラルスピリット

 

まさに今の流れにぴったりな内容だし、個人的に大好きな本。(Amazonでも、この本の素晴らしさが絶賛されています。でも恐縮ですが、ただ今、品切れ中。近々電子版をリリース予定でございます。)

この本で、彼が解説している“地球に降り注ぐ新しいエネルギー”を自分に取り込み、作動させるのは必須だ。これができれば、意識の変容・ライトボディ化への配線の組み替えも、同時進行でいけちゃうだろう。
それは、すべての構造そのものが変わっていく変動期の中で、ラク〜に楽しくシンプルに!人生を味わえるよう、必要のないものを捨てていくということじゃないだろうか。

固まっている箇所は、ほぐして溶かす!
とにもかくにも手放して、軽くなる方向へ行かないと。手ぶらで行かないと、流れに乗り遅れて、かた〜い地球の方に行くことになっちまう!

サン・ジェルマン大先生が語る〝新しいエネルギー〟

サン・ジェルマン(セント・ジャーメイン)大先生は、近年、地球にやって来ている新しいエネルギーについて、こう解説している。

新しいエネルギーは、古いエネルギーのようにパターンやサイクルを築くことはありません。振動エネルギーは通常、同じ環境下では同じような反応を示すものです。
別の言い方をすれば、今夜あなたが卓上スタンドのスイッチを入れれば、ほとんどの確率で明日の夜もスイッチが入ります。今年、林檎の木から林檎が落ちれば、おそらく来年もまた落ちるでしょう。物質的なものに限らず非物質的な現実にも、ほとんどすべてにこのシンプルな原理をあてはめることができます。
振動エネルギーは、予測可能で繰り返しのパターンを持つため、安定しています。パターンは外の力に押し出されるまで、何度も繰り返されます。例えば、電球は切れるまで、あるいは電源が切られるまで稼働し続けます。林檎は木が死ぬまで木から落ち続けます。木の生死のパターンですら、予測可能です。

これが、あなた方の多くがこの数年間体験してきたものです。
あなたは不満を感じていましたし、ええ、うんざりしていました。そこであなたは人生の古いエネルギーの古いパターンから抜け出そうとします。
よくあるのが、人生の古いパターンから抜け出すために、トラウマを引き起こす出来事を創造してしまうことです。外からの力がパターンを変えるというわけです。輪廻転生は一つのパターンですし、簡単にその中で身動きが取れなくなります。
スピリチュアルな探求もパターンです。豊かさの欠如、病弱、ひどい人間関係、こうしたものはすべてパターンになりがちです。私が何を言おうとしているのか、分かってきましたか?

新しいエネルギーはとても強力で、とても純粋です。それはマインドに打撃を与えることが、多々あります。
私たちに分かっているのは、それがマインドとはうまく協調しないということです。なぜなら、マインドは古いエネルギーのツールだからです。

古い「振動エネルギー」が僕たちの身体、社会システムまでを含め、すべてを構成していた。振動なので、左右に振れることで発生する。つまり、2元的なエネルギーだ。
直線的時間の中で、過去を反省し、未来を予測することで、「現在の立ち位置」を確保してきたのだ。
システムと個人、そして人間同士の関係でもエネルギーを奪ったり奪われたり、1つのコップの水を奪い合っているようなもんだね。なんて有限的なんだろう!
しかし、それはもう通用しなくなってきている。自我や思考は2元そのものだ。なんでも「あちらとこちら」に分別し、分離させてしまう。

拡張するエネルギーで今までにない現実を創り出す

今、僕たちの周りには「“新しいエネルギー”が充満しているのに、まだうまく使えていない」とサンジェルマンは言う。
そうであるなら、新しいエネルギー=拡張し続ける無限エネルギーにちゃんとつながらないと!

新しいエネルギーは、あなたがあなた自身へ帰るときに創造されます。もはや分離はなく、もはやバラバラではありません。あなたの人生にはまだ古いエネルギーの影響が多々ありますが、それはあなたを取り囲む世界がそうだからです。
それは大衆意識のあちこちにあります。まだ統合されていないアスペクトにあります。しかしあなたは人生に新しいエネルギーの要素を持つでしょう。それはたったいま、ここにあります。

新しいエネルギーは振動ではなく、拡張します。それは時間と空間さえも通り抜け、同時にあらゆる方向に拡張します。それは時間と空間の系列の中で使うことができます。言い換えるなら「いま」に。
しかしそれは、時間、空間、マインド、ルール、パターン、そして歴史による制限を受けません。あなたの現実に入って来る新しいエネルギーを限定しようとしないでください。

人間の旅は直線的な体験への欲求が基盤になっています。言い換えれば「明日は何が起こるのだろう?」というものです。実はまったく離れていなかったあなたの最も深いセルフを体験したければ、それはこの瞬間にあります。
あなたは何をぐずぐず待っているのですか?
あのプロジェクトを終えるまでですか?
違う都市に引っ越すまで?
マスターがやって来て、話しかけてくれるまで?
少し体重が減るまで?
何か画期的な出来事が起こるのを待っていれば、新しいエネルギーを遅らせることになります。なぜなら、新しいエネルギーもまた、待つからです。

つまり、「今すぐやりたいようにやっちゃえ!」ということ。
そのやりたいことを、2元的な思考・マインドが生み出す欲から行うと、古いエネルギーになってしまう。

真の現実創造は情熱と欲求から生まれる

では、情熱の表現の源泉をどこに求めるのか? そのポイントは、やはりハート(フィーリング)なのだ。
フィーリングといっても、観念ベースの感情になってしまうと、それは思考と同じだ。だから、大元の意識、真のセルフを表現する入口、“ゼロポイント”から発せられなければならない。
それが、「魂が求めている」というやつですね!
サンジェルマン先生は、そのことを、“真の現実創造”と説明します。

あなた方の多くが訊きます。「私はなぜ自分が欲しいものを創造し、現実化することができないのですか?」。
ああ、あなたは完全にしていますよ。するとあなたは言います。「でも、アダマス(※セント・ジャーメインのこと)、それは最低(suck)だよ」。
ええ、そうですよ。だから、あなたはここにいるのです。もうそこからエネルギーを搾取される(suck)必要はないからです。あなたのエネルギーを表現する準備ができているからです。
意識的な存在としてあなたは意識にエネルギーを引き寄せ、あなたの創造物に生命をもたらすのです。あなたがそれを引き寄せるのです。本当の引き寄せの法則は、現実を創造する能力は、情熱と欲求から生まれます。
どんな魂を持つ存在であっても、その核となる情熱は「セルフ」に帰ることです。あなたは絶対に、決して、その繋がりを失くすことはありません。中には心配する人がいます。「もし道に迷ったらどうしよう?」。
それは本当にあり得ません。永遠に道に迷っているような状態を続けていくことはできますが、あなたがあなたの「セルフ」との繋がりを失くすことは、まずあり得ません。

前回の記事でお伝えした「意識の縦波を使って、自分の内側にダイブする」ということですね。やっぱり、頭を停止させて、ハートの疼きに従うしかない!

サンジェルマン先生の有り難いお言葉で締めましょう。
僕らの“現実”を創造する源4箇条です。

 魂の情熱とは

 1.「汝」自身を知ること
 2.「汝」自身を表現すること
 3.「汝」自身を進化させること
 4.「汝」自身に帰ること

 

 

この記事を書いた人
営業部・マーソロミュー

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。