3月 23

スターピープルに初登場! 台湾人気No.1占い師の龍羽ワタナベさん ~スターピープル最新号66号に掲載

3月15日(木)に発売したスターピープル66号

先週、3月15日(木)に発売した『スターピープル』66号には、特集以外も興味深い記事が満載です。

今回は『スターピープル』に初めてご登場いただいた、台湾No.1占い師と評判の台湾在住の日本人女性、龍羽ワタナベさんの取材時の様子をご紹介します!





龍羽さんは、台湾で最も当たると人気の”占いの館「龍の羽」”をはじめ、出版社やショップも複数経営する実業家でもあるとてもパワフルな女性です。
台湾で一番の的中率とは!!! おもわず台湾まで足を運びたくなります~











こちらは台湾事務所でのご様子。実業家からの信頼感が厚いことがお部屋の雰囲気からもわかりますね。

著書多数の龍羽ワタナベさんですが、最新刊『台湾流龍羽易占カード』は、発売以来、高い的中率でプロの占い師から支持を集めています。


今年1月に来日されていた際、都内で20㎝を超す積雪のあった翌日に編集部までお越しくださり、インタビューを実施。
台湾で多くの占い師を束ねている龍羽さんに、「どんな人が占い師に向いているのか」を伺ってみたところ、こんなふうに答えてくださいました。


龍羽 
「まず、まじめな人です。鑑定するためには、たくさんのことを勉強しなければならないので、まじめに学ばなければ修得できません。

次に、真摯な人です。クライアントと向き合う仕事ですから、信用という点でも誠実さが必要です。
第六感や直感力は、本来だれでも持っていますので、ある程度、能力を高めることができます。原始時代は、直感力がなければ生き残れませんでした。
野草や木の実に毒があるか、ここにいて安全かなど、直観力を働かせて生き延びていたのですね。

現代人はその子孫なのですから、眠らせているだけでそういう力を遺伝子としてだれでも受け継いでいます。
徳を積んだり、神社仏閣などのパワースポットへお参りしたり、よい「気」を受けたりすると、直感力を復活させられますよ。」



だれにが平等に持っている直観力や第六感。
まじめに真摯に学んでいけば、龍羽さんに近づけるかな?!


『スタ―ピープル66号』では、龍羽さんご自身と関わりの深い存在である“龍”に関する記事を掲載。
願い事を龍にかなえてもらう方法などをお話しいただいています。












詳しくは、「スターピープル」66号(3月15日発売)に掲載しています。ぜひご覧ください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■龍羽ワタナベさんの大人気カードはこちらからどうぞ

『台湾流龍羽易占カード』








■『StarPeople』66号↓amazonでのご購入はこちらからどうぞ

「スターピープル」66号







■『StarPeople』は、
定期購読、年間購読を受付中です。
詳細はフジサンマガジンサービスからどうぞ。

■ナチュラルスピリット ウェブサイト



3月 16

ビーマーライトペン創始者のガーラ夫妻を取材しました! ~スターピープル最新号66号に掲載

昨日15日(木)に発売したスターピープル66号は「光と闇」について特集しています。

今年は特に、「光と闇」という言葉をあちらこちらで目にしますね。
映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の影響も大きいかと思います。
いよいよ世界全体が光に包まれる、というか、闇と光が統合し、もともとの光の姿へと世界全体が戻り始める、そのスタートをきったところなのでしょうか。
















66号の特集「光と影の二元性を超えたところ」をテーマにお話をうかがった
「ビーマ―ライトペン」創始者のガーラドリエル・フラミニ & Dr. ロバート・ハシンガー夫妻。
greg00





「ビーマ―ライトペン」は、1983年に英国で誕生した歴史あるカラーセラピー「オーラソーマ(R)」から誕生したセラピーで闇の部分に光をあてることにより、体のバランスをとるヒーリングツールです。












Dr.ロバート:「人間の体と同じで、光と闇もバランスが大切。
人は、ネガティブなもの、知らないものについて、理由なく恐れをもってしまいます。恐れるのではなく、闇に対する理解そのものを変える必要があります」

ガーラドリエル:「たしかに闇は、愛を見つけにくくしてしまいました。でも完全なる闇は、存在しなくなりつつあります」

取材では、ビーマライトペンが人の闇に入り込み深くアプローチできることから、人と地球の意識進化にまで話が広がりました。

ガーラドリエル:「人は、するべきことを一歩ずつ行っていくことで進化していきます。人々が目覚めて進化するとき、地球という星もまた進化するのです」

目覚めに近づき、エンライトメントに至るために必要なことなど、短時間にとても深い内容をお話しくださいました。

詳しくは、「スターピープル」66号(3月15日発売)に掲載しています。ぜひご覧ください!



↓amazonでのご購入はこちらからどうぞ
「スターピープル」66号














■『StarPeople』は、
定期購読、年間購読を受付中です。
詳細はフジサンマガジンサービスからどうぞ。

■ナチュラルスピリット ウェブサイト



1月 22

スターシアCD『サマリーラ』でおなじみの人気のSEIRIOS(セイリオス)がライブをやります!

seirios

SEIRIOSはヒプノセラピーにより語られたCosmic Words(シリウスの星の言葉)を歌詞に使い、
幻想的かつ宇宙的サウンドが特色のニューエイジ、癒し系の音楽ユニットです。

ユニットの一番の特徴であるCosmic Wordsは、シリウスの高次元存在、「サーキュラー」の言葉です。
サーキュラーは愛、ワンネス、平和、喜びや勇気などを歌詞のメッセージで伝え、人々をサポートしようとする存在です。
サーキュラーによると、音楽や歌という形でのサポートはとても強力で、直接的に人々に伝わるので、
セイリオスに音楽で伝えるようにと働きかけているそうです。
スターシアから発表したアルバム『サマリーラ』は、CDをかけると、場の浄化になる!との評判です。

2016年発表の「碧の方舟」は、テレビ東京系全国ネット番組『開運! なんでも鑑定団』エンディングテーマ曲となった日本語の歌詞のポップな曲です。

愛と平和への希求をテーマに、意識の拡大やワンネス、光の時代への願いを込められたライブステージは、
宇宙的な森羅万象を感じさせる世界観でオーディエンスを包み込み、一瞬のうちに幻想的な宇宙意識にシフトさせてしまいます。

ライブ楽しみですね!

SEIRIOS LIVE 『2018光のゲートを開けて』

◆出演者:Frankie T(ギター)
     Shaylee(ボーカル)
     土屋実紀(ボーカル)
     池間史規(ベース)
     野沢香苗(二胡&ボーカル)
     中野正男(キーボード)

◆日時:2018年2月7日(水)開場:18:30 開演:19:30

◆場所:汐留 築地Blue Mood
   都営大江戸線 築地市場駅よりA1出口より徒歩3分
          汐留駅9番出口より徒歩7分
  JR・東京メトロ銀座線 新橋駅汐留口より徒歩11分
  東京メトロ日比谷線 築地駅B1出口より徒歩10分

◆料金:前売り5000円 当日5500円(+ワンオーダー)
    全席自由席になります。

◆主催:SEIRIOS PROJECT ・ UNIVERSENSE LLC.

お申込み
https://blue-mood.jp/events/180207
TEL 03-3249-6010 (平日9:30~18:00)
   03-3519-6010 (18:30~および土日祝)

FBイベントページ
https://www.facebook.com/events/342910326171813/

SEIRIOSホームページ
https://www.seiriosproject.com/

スターシアCD 『サマリーラ/SEIRIOS』
¥2,700(税込)全8曲
strc-0015
アマゾンでご購入

12月 21

来年春、5年ぶりのワールドシフト・フォーラムを開催! 

ワールドシフトとは、人類の発展の方向性を変えること、新たな方向へシフトする
ために、まず最初に個人レベルの意識と行動を変化させることから始まり、
新しい仕組みの社会づくりへ行動を起こしてゆく世界的なムーブメントです。

そのコンセプトは「ワールドシフト宣言ロゴ」に込められています。
worldshift

「あなたはどのような世界を望みますか?」という
問いかけにあなたはどんな言葉を入れますか?

今までは誰かが決めた価値基準や社会・経済のシステム・階層構造に依存する形で
私たちは生きてきました。
その「他人ごと」の仕組みから、望ましい世界「自分ごと」にシフトさせる宣言を
空白に入れることでこのロゴは完成します。

一人ひとりの意識がシフトすることで、世界が変わっていくのです。
すべての存在はつながっているのです。


平和で持続可能な社会をつくるために世界のシフトが求められています。

2009年9月、世界的な金融・経済危機と環境問題に対応するために、
物理学者アーヴィン・ラズロ博士やゴルバチョフ元⼤統領など世界賢人会議(ブダペストクラブ)は、
持続可能な社会への転換(ワールドシフト)の緊急提言を呼びかけました。
ワールドシフトのムーブメントはこの緊急提言が人々のハートに共鳴し動き出しました。

ラズロー博士は、ミクロからマクロまで「ゼロ・ポイント・フィールド」の海のなかで
あらゆる生命・万物がつながって一貫したシステムをつくり、共鳴しあっているという
理論を提唱し、数多くの名著を著しています。

2018年2月4日(日)に5年ぶりとなるワールドシフト・フォーラムは京都で開催されます。
学ぶ/つながる/動くをテーマに、気づきから行動へとシフトする体験をする一日になることでしょう。

パラダイムシフトの時代の「最新知」を共有して学びを深めます。
「だれか」→「わたし」へのシフトを宣言して、つながる場です。
世界の変化を感じ、自ら動き始める、はじまりの日です。

今回の目玉の一つはアーヴィン・ラズロ博士の最新メッセージが届きます。
そして、政治・経済・文化・アート、垣根を越え、たくさんの登壇者の方々に最新のパラダイムについて
語っていただきます。

地球環境とAIシンギュラリテイについてや信頼に基づく資本主義の話、
理化学研究所の未来予測、あるいは京都で最も古い禅寺である建仁寺両足院の
副住職によるメディテーションのお話などが「ワールドシフト」の意識のもとで語られるのは
とても興味深いですね。

イベントの主催であるワールドシフト・ネットワーク・ジャパンは、
日本でのワールドシフト・ムーブメントの起点として谷崎テトラ氏により
2010年4月に設立され、ワールドシフトを宣言・行動されている団体や個人との
緩やかなネットワーク作りを進めています。

谷崎テトラ氏はスターピープルのライティング、監修をはじめ、スターシアレコードの
プロデューサーとしてスターシア・ランドスケープ・シリーズを展開し、まさにワールド・シフト
的な先見性と豊かな感性で各方面から高い評価を得ています。

http://www.kanatamusic.com/tetra/

早春の京都の地で古都を味わい、意識と行動のシフトへ参加・体験する!
素晴らしい週末になりそうですね!

■開催日時
2018年2月4日(日)13:00-18:00 (開場12:30)*途中休憩あり
■会場
京都芸術劇場春秋座(京都造形芸術⼤学内)
(〒606-8271 京都府京都市左京区北白川瓜生山2-116)
■参加費(全席自由)
一般2000円/学生 無料(要学生証の提示)
■主催
一般財団法人ワールドシフト・ネットワーク・ジャパン
■共催
京都造形芸術大学/公益財団法人信頼資本財団
■特別協賛
株式会社モトスパイア
■協賛
らーのろじー株式会社
貝印印株式会社/株式会社ウエダ本社/京都信用金庫/株式会社PLUS SOCIAL
■協力
公益財団法人京都地域創造基金/京都市ソーシャルイノベーション研究所/
一般社団法人Think the Earth、アミタホールディングス株式会社、NOddIN、
NPO 法人グリーンズ、NPO 法人ミラツク、コア・クリエーションズ、みんな電力株式会社、農力向上
委員会、book cafe ホンバコ、有限会社谷崎テトラオフィス

問い合わせ(平日のみ10時〜17時)
075- 275-1330
ワールドシフト京都フォーラム事務局
(公益財団法人信頼資本財団内)

■お申し込み
http://wskf2018.peatix.com
■公式ホームページ
http://www.worldshift.jp

12月 15

乳酸菌の魔術師・黒河太さん、『StarPeople 65号』に初登場!

greg00

◆乳酸菌の魔術師・黒河太さん◆

推定で30万人以上もいるといわれる、アトピー性皮膚炎。

その原因はさまざまですが、
大きな要因のひとつが食事だと思われます。
筆者自身、10年前に重度のアトピーに苦しみ、
試行錯誤の末に絶望の淵から生還できた理由が、
食を変えたことだったからです。

その後、再発の兆候がないことに安心すると、
外食や動物性食品を摂取する回数が増える食生活に逆戻り。

その結果、今年の5月からアトピーが再発。
意を決して医者や薬に頼らない自己流自然治癒を半年以上続けて、ようやく改善の兆しが見えて来ました。
そんな矢先、なんともありがたいプレゼント、「アトピー切り札3」が届いたのです!

その名の通り、
アトピー患者のためのアイテムで、
原材料は蓬(よもぎ)と竹炭。

独自のレシピで調合され、
「保湿スプレー」「食べる竹炭」「よもぎ水」の3品が三位一体となっています。
私は早速、「アトピー切り札3」で人体実験。
greg00

特に「食べる竹炭」の排泄力は効果抜群!
竹も蓬も多量の乳酸菌を含んでいて、
人類の大先輩でもある微生物さんは、
腸に溜まっている宿便を一生懸命に掃除して排毒して下さっているのでしょう。感謝!

ところで、このアイテムは、
竹炭を日本に広めた大功労者の新野恵さん(竹炭研究家)と、「乳酸菌の魔術師」との異名を持つ黒河太さん(画家)とが共同で開発したものです。
新野さんは弊誌『StarPeople 56号』に登場していただきましたが、本日12月15日発売の弊誌『StarPeople 65号』では、黒河さんの記事が初掲載されています。

二度に渡る「アトピー地獄」から奇跡の復活を遂げ、人生で初めて「感謝」の意味を理解したと語る、黒河さん。彼はその過程で蓬乳酸菌の自家培養に着手し、いまでは多くのアトピーやガンや難病などで苦しむ方々が、黒河さんの手づくり乳酸菌で改善したり完治しているのです。

greg01

巷に溢れる農薬や添加物まみれの食材。
それらを食べ続ければ腸内環境が悪化することは避けられません。

千島学説によると血液は小腸で作られるそうです。
腸内環境をつねにきれいに保つことはアトピーだけに限らず、からだ全体の健康につながります。

予防医療という視点からも、黒河さんの記事をみなさまの健康に活かしていただけたら幸いです。
 
『StarPeople』65号 Amazonでご購入
『StarPeople』56号 Amazonでご購入

■『StarPeople』は、
定期購読、年間購読を受付中です。
詳細はフジサンマガジンサービスからどうぞ。

ナチュラルスピリット ウェブサイト



12月 05

昨夜のグレゴリー・サリバンさんのお話会は大盛況でした!

greg00

当日駆け込みでの参加の方々もいらっしゃって
会場は定員オーバーすれすれ状態。

なんとニコ生動画サイトさんの番組取材も入り、
グレッグさんはイベント終了後の深夜に番組に生出演されました。

http://live.nicovideo.jp/gate/lv309117587

にこやかに登場したグレゴリーさんから
ディスクロージャーがプロジェクトとして生まれて
世界に発信されるまでの概要や本書に登場している証言者と
実際にお会いした時のエピソードなどをはじめ、スティーブン・グリア
氏の現在進行中のプロジェクトのお話しなど、盛りだくさんのお話しを
伺うことができました。

グレッグさんは、人類の未来を見据えたグリア氏の活動の中で、
この『ディスクロージャー』が書籍としてアーカイブされたことはとても
重要な位置づけになっているとも仰っていました。

greg01

お話し会の後半では多数の質問が飛び出し、ご参加の皆様のUFO・ET問題への
関心の高さが伺えました。

短い時間枠にもかかわらず、最後はサイン&撮影タイムまでサービス
してくだったサリバンさんに感謝です!

そしてイベントを開催していただいた、書泉グランデさんにも心から御礼を申し上げます。

12月 01

神保町、書泉グランデ様で12/4(月)グレゴリー・サリバンさんお話し会をやります。

50年以上に渡って隠蔽されてきたUFO・宇宙人関連の
機密情報の公開本がついに日本語で出版されました!!

disclosure

この人類史に残るべき『ディスクロージャー』の発売を記念し、
グレゴリー・サリバンさんが本書の驚異的な情報やその意義とわれわれにもたらすもの
について熱く語ります!

greg

『ディスクロージャー・プロジェクト』にまつわるエピソードを知る貴重な機会です。

このところ日を追うごとに冬っぽくなってきましたね。
お仕事帰りにUFO・ETトークの熱い夜で寒さを吹き飛ばしましょう!

日時:12月4日(月)  19:00~21:00 (サイン会も予定しております)
会場:書泉グランデ 7F
参加費:無料
定員:50名

下記リンクの書泉グランデ様イベントページにある【お問い合わせ】フォーム
より参加のお申し込みができます。

https://www.shosen.co.jp/event/63695/

■講師 グレゴリー・サリバン プロフィール

日本地球外知的生命体センター代表。1977年ニューヨーク生まれ。
2003年から日本に在住。2007年、米アダムス山で宇宙とのコンタクトを
開始。2010年に日本地球外知的生命体センター(JCETI)を設立。
UFOや宇宙人のダークなイメージを払拭し、ETIと友好関係を築くため
の活動、講演会、ワークショップを開催。地球外知的生命体(ETI)との
平和的接近遭遇を行うイベント、CE-5コンタクトをリードして日本中を
奔走中。著書『だいじょうぶ!』(ナチュラルスピリット)ほか。

http://www.jceti.org/

■書籍 『ディスクロージャー 軍と政府の証人たちにより暴露された現代史における最大の秘密』

出版社 ナチュラルスピリット

著者 スティーブン・M・グリア
訳者 廣瀬保雄

本体3,780+税

ISBN 9784864512510

アマゾンで購入はこちら
https://www.amazon.co.jp/dp/4864512515

10月 06

2017年 サトルエネルギー学会 秋の大会 開催のお知らせ



4月の春の大会に続き、
来週10月14日(土)、
東京・千代田区の学士会館にて、
秋の大会が開催されます。













今回のテーマは、

21世紀の歩き方「意識が未来を拓く」


いにしえからの自然に調和した存在へ至るホリスティックな観点から
講演会、古代笛演奏会、パネルディスカッション、と
多彩なプログラムを予定しています。

回帰する新しい潮流に焦点を合わせ、
充実の内容を予定しています。



さまざまな視点から、「意識」を研究されている講師陣のとても興味深い講演内容となっています。


【サトルエネルギー学会 2017年秋の大会】
http://subtle-eng.com/2017autumn.html














ぜひ、みなさま奮ってご参加ください。


以下、詳細のご案内です。
——————————————————————————————————————————
◆開催日時:2017年10月14日(土)) 開場 9:45~  開演 10:00~

◆会場:千代田区学士会館 
    東京都千代田区神田錦町3-28

◆アクセス:(地下鉄「神保町」駅」 A9出口より徒歩1分)
http://www.gakushikaikan.co.jp/access/

◆《主な講演》
1.宇多川 久美子  
 「薬が病気をつくる」
2.古谷 暢基  
 「和ハーブ ~足元の日本人の源に意識を」
3.帯津 良一  
 基調講演:「意識から阿頼耶識(アラヤシキ)へ」
4.三村 隆範  
 「知られざる真実:「古事記」(上巻)の舞台は阿波だった」
5.高橋 竹仙  
 「《古代笛と儲けた命》 古代笛演奏」
6.長堀 優  
 「スピリチュアリティに根差した生き方とは」

7.「パネルディスカッション」

8.懇親会

~懇親会のご案内~
17:00~19:00 同会場にて
立食式の懇親会を行います。
限定40名ですので先着順に受け付けます。
大会チケットと同時にお申込み下さい。
懇親会参加費(5,000円)は当日受付にて
お支払いください。
ご参加お待ちしております。

◆大会参加申し込みフォーム
http://subtle-eng.com/FormMail/formtomail/FormMail.html

◆お問合せ
電話:03-4405-7048
EMAIL:infomation@subtle-eng.com